ノーマルのSTEEDのキャブなら、エンジン左側についてるチョークレバーをひけばチョーキング出来ます(・∀・)

整備やセッティングをきっちりしておけば、東京の冬場はチョークを引っ張る事なく余裕でエンジンはかかります。

ノーマルキャブで、チョークを引っ張った記憶があんまり無い位だからねー(;´Д`)

年期の入ったハーレーならまだしも、HONDAの屈強なエンジンのSTEEDだからSUキャブにしても然り。チョークを使わずにエンジンがかかっております。

でも、いざという時の為にSUキャブのチョーキングの方法。

ノーマルキャブと違って、きちんとレバーらしきモノはありません。
赤丸の箇所がチョークの時にイジる場所。
SUキャブ

大きな赤丸のパーツを、指で摘んで小さな赤丸のネジに引っ掛けるとチョークがかかります( ・ω・)



続きを読む