セイ生活

三姉妹と二姪っ子との幸せな毎日.東京での子育て.パパ.時々趣味.

タグ:ジョイントマット

お薦めカテゴリ
        

ベランダをウッドデッキ化したい



以前はガーデニングをしていたベランダ。


家の近くに小さな畑を借りていたので、ベランダでのガーデニングや家庭菜園まで手が回ってなかったけど、なんとなく2階のリビング前のベランダをウッドデッキにして、そこで緑を増やしたいなーと妄想。




「ベランダ ウッドデッキ DIY」 なんて単語で検索したりすると、一様に2×4材を使ってウッドデッキの足場を(根太)を組んで、そこに2×4材を敷き詰める、2〜3年に1回は防腐剤の塗り直しが必要なウッドデッキが並んで、

「2〜3年に1回だとしても、塗り直しは面倒くさいな・・・」

と妄想止まり。


芝生のジョイントとか、ウッドデッキ風のジョイントマットを敷き詰めるといった方法もあるけど、一軒家のベランダは法律上なのか立ち上がりが必ずあるので、室内からベランダに出ようとするとその立ち上がりの段差がちょっとした苦になってしまう・・・



そんな中、ベルカのクリーンパレットといったウッドデッキの根太代わりに使える代物を発見。
ベランダに小さな庭 (6)

押入れにいれる木材スノコの、ポリプロピレン版。

奥行き74センチってサイズが、リビング前の75cm程度の奥行きに丁度良さそう。

旧型のサイズ幅37×奥行74×高さ7.1cm



新型のサイズ幅38.3×奥行75.3×高さ7.1cm


新型と旧型で微妙にサイズが違う。
74と75.3の1.3センチで、巧く収まらなかったらあれかなーと旧型を選択。

続きを読む


長女が寝返りをうつようになったのでしきつめた、やさしいジョイントマットのナチュラル。

ダイニングテーブルを置いてなかったので、統一感もあったリビング。

質がよかったのか2年半ももってくれたけど、さすがによれてきた感じがあったのでやさしいジョイントマットのホワイトウッドの木目調に新調。

注文履歴から注文しなおしたから、ジョイント部分のサイズも一緒でまだまだつかえそうなきれいなマットはキッチンにも敷き詰めたりして利用。

でも、2回目に購入したジョイントマットは最初に購入したものと違って質が悪く、コーティングされてる上の透明なビニールみたいなやつがすぐに剥がれてくるようになった。

同じリビングでつかってるので、明らかに質が悪い商品だったな・・・。
価格は同程度だったのに。

そして、今回は価格が半分以下。
木目調ジョイントマット (7)



続きを読む

2016年03月に敷き詰めたジョイントマット。



2年半以上使ってるので、表面のコーディングに剥がれだったり、娘がこぼした飲み物がジョイントマットの隙間から入り込んでたりして、裏側がとんでもない事になってしまって・・・


と、心配しつつもまだまだ使えそうなので裏側の事は気になっていても気にしないふりをしてたけど、次女も生まれてきて、そろそろごろごろと床を転げまわるだろうからと新調。
やさしいジョイントマット (2)


今敷き詰めてるジョイントマットの数を数えるだけなので、寸法を測る必要もなく楽ちん。

36枚を1つ。


24枚を1つ。


数枚足りなそうだけど、今使ってるジョイントマットの比較的綺麗なものを再利用してしまえばOK。
続きを読む

娘が寝返りをうつようになってきたので、床がフローリングだと硬くてあれなのでジョイントマットをポチっと。
優しいジョイントマット (1)


今回選んだのは、やさしいジョイントマットのナチュラル。
ショップによって価格がバラバラなので、調べて購入するのが良いかと思います。



端っこのギザギザをストレートにしてくれるサイドパーツの購入も忘れずに。








続きを読む

↑このページのトップヘ