セイ生活

三姉妹と二人の姪っ子との毎日.東京での子育て.パパ.時々趣味.

タグ:コーヒー

お薦めカテゴリ
        


価格が安くて、毎日飲んでも飽きないコーヒー。


アースコードを設置したら、かなり快適になったボンマっ君。


ブルーレイクアテトランのような名前で惹かれて、美味しかったコーヒーもある。



そんな中、Aamzonさんでポチっとできる手軽な日本一を入手。
日本一の焙煎士が監修 (1)


日本一の焙煎士が日本に何人もいそうな気もするけど、日本一に1回でもなれるから焙煎の腕はは確か。

・・・でも、監修してるだけだから直接焙煎してる訳ではないのかな。

続きを読む

通勤がなくなると外にでる事も少なくて、自宅カフェ。


カリタも欲しかったけど、コスパに優れてるBONMAC(ボンマック)のBM-250Nを使ってるけど、この時期は静電気で珈琲の粉が舞ってしまって大変。

・・・って事で、アース線を使って静電気対策を施してみた。


今回の豆は、またしてもカルディ。

至るところのショッピングモールに出店されてるので、有難味の様なものはない、純粋な珈琲の味。

バードフレンドリーブレンド。
ボンマック静電気対策後 (1)


続きを読む

コレスのSINGLE CUP GOLD FILTERを自分の部屋で使ってるけど、もう1つ追加したい。


赤や白を買い増そうかな。

続きを読む

夏は暑過ぎて部屋で珈琲を淹れて飲むことが減ってたけど、暑さが過ぎた秋はまた温かい珈琲が美味し季節になってきた。

そんな訳で、COFFEE ROAST BIG ISLANDのネット注文。


ブラジルプレミアムショコラとパプアニューギニアパラダイスプレミアム。
自宅珈琲 (1)


続きを読む

インスタントコーヒーを飲むために購入した、ドリテックの安価なケトル。


コーヒーミルやドリッパーを入手してみたら、


なんとなく、このドリテックのケトルでは役不足というか、ケトルも新しいものが欲しくなってしまったので、ポチっと。
APIX アピックス 温調電気カフェケトル AKE-290 (1)

続きを読む

ブルーレイクアテトランがなくなったので、また別の珈琲豆。



今回は深川珈琲本舗へ再訪。


カリビアンモカとゴールデンBを購入。
珈琲豆 (1)



続きを読む

コーヒードリッパーを手に入れたら、部屋での珈琲がいつも以上に美味しい。



BONMACのコーヒーミルBM-250Nの難点は、挽いた後の粉を受ける受け皿と言うか容器。


BONMACのコーヒーミルBM-250Nの受缶を変えてみる


BM-250Nの受缶は「金属製のタンブラーに変えると良い」といった話を見たので、取りあえずは100円ショップ(セリア)で売ってた、ステンレスのタンブラーに変えて使ってみた。
ブルーレイクアテトラン (3)

静電気でステンレスの容器に細かな粉が付くことも少なくて、快適。
最初についてくる受缶とは雲泥の差。


でも高さが7cmなので、1~2cm程高さが足りない。
タンブラーを少し持ち上げて使えばOKだし、悪くはない。
続きを読む

自分の部屋が3階なので、突然コーヒーを飲みたくなったときに階下に降りるのが面倒って事で、電気ケトルを探していて、1,500円程度で破格の安さだったドリテックの電気ケトルをポチっとしたのが1年程前。
ドリテック 電気ケトル ラミン ホワイト PO-323WT (1)


今では、1,100円程まで寝下がりしてしまってるな。

良い商品なのに。

続きを読む

平日休みの午後はブルーボトルコーヒーへ。
ブルーボトルコーヒー (8)

続きを読む

ここでもなく、今回はここ

ライオンが待ち構えてる、ここですよ。
バームクーヘン (2)
続きを読む


今回は、Ripreでスタバ

続きを読む


スタバのスターバックスカードにミニサイズがでたみたいだね。
何年か前に現れたミニクレジットカードみたいだな。

SuicaやPASMO、Edyみたいなお財布携帯が出る前ならミニなカードは魅了があったけど、どーなんだろ?

スターバックス コーヒー「スターバックス カード」ページはこちら

スタバなら、適度に利用するからプレゼンととかにいいのかもね。

『財布忘れたー( -д-)』

『携帯も忘れたー( ´_ゝ`)』

・・そんな時に、ミニスタバカードが鍵か何かについてたら取りあえずコーヒーは飲めるしね。


・・・そんな時にスタバに行くか?って感じだけど。

そんな訳で、久々にCyberBuzzからのネタでした。
スターバックス コーヒー「ミニ スターバックス カード」オリジナルブログチャームの作成&貼付はこちらから

マックの三角チョコパイ(*´Д`)ウマー
三角チョコパイ


以上。

↑このページのトップヘ