僕が見ている青い空は、君が見ている青い空と同じ色なんだろうか? 僕が青い色が好きなのに、君が赤い色が好きなのは君が見ている赤い色が僕が見てる青い色だからなんじゃないんだろうか? 子供の頃、こんな事を考えたりした事がある。友達と話し続けたけど自分が見ている色を人に上手く伝える事が出来ない事がわかった。だって、生まれた時から、青い色はこれだって教えられてきたんだから、例えソレが君の目で見る赤だとしても、僕はソレが青なんだから。ややこしいけど、空は青いって言われてるんだから、僕の目には君の目から見た赤に見えても、空は青いんだよきっと。だから、人それぞれ好きな色が違うんだよ。色以外っだってそうだよ。全部そうなんだよ。
僕は丸いモノを見てるのに、君の目からみたらソレは四角だったりするのかもしれない。でも君は生まれた時から四角いモノを丸って言われて育ってるんだから、ソレはやっぱり丸になっちゃうんだよ。丸と四角じゃ全然違う様な気もする。丸が四角だったら、ボールは転がらないと思うけど、ソレは僕から見た世界の話で、君から見た世界では四角いモノが転がる世界なんだよ。だからやっぱり、丸がこうゆうモノだって他人に伝えるのは難しい。