お掃除用モップを探し求めて


ダスキンのモップが便利過ぎたけど、一ヶ月2千円程が少し割高に感じてしまったので・・・


scotchbrite(スコッチ・ブライト)のマイクロファイバーモップ。
お掃除モップと掃除機 (1)

本体とモップとクシがついて、買い切りな1,980円。

ダスキンのモップ程の高性能加減はないけど、一ヶ月分で本体とモップが手に入るので、一ヶ月使って見るだけでもOK。



替えのモップだけなら500円以下。

世の中にはクイックルワイパーといった便利な商品もあるけど、あれはあれで毎回セットするのが少し手間。


これで良いんじゃないかと思ってしまう。

これは常にモップをセットしておいて使うような感じ。
お掃除モップと掃除機 (2)


scotchbrite(スコッチ・ブライト)の他に無い良さ


この折り返し部分のクロスが特徴。
お掃除モップと掃除機 (3)

この折り返し部分でゴシゴシと力を入れて掃除もできる。
この単なる折り返しが、クイックルワイパーでは落ちないチョコレートが固まったりした部分なんかに有効。


モップ用のクシもついてるので、モップにホコリやゴミがついてしまったらこのクシでガシガシと落とせる。
お掃除モップと掃除機 (4)

子供が3人もいるとご飯やお菓子の食べこぼしで、1日に何度も床を拭いたりするのが現実。
毎回、クイックルワイパーのセットが面倒なのでその辺りに転がってる子育て三種の神器の1つのおしり拭きで、床掃除。



そんな、お尻拭きでの床掃除から開放される便利アイテムがscotchbrite(スコッチ・ブライト)。

シービージャパン・フローリングワイパー掃除機も入手


掃除を手伝ってくれる三女。
お掃除モップと掃除機 (5)


マキタの掃除機もあるけど、子供の食べこぼしには拭き掃除の方が良い。


余ってたポイントでシービージャパン・フローリングワイパー掃除機。
お掃除モップと掃除機 (6)


7千円程の商品。


ダスキンのように近づけたらスイッチ・オンとはならないけど、子供がいるので手動でスイッチ・オンでも全然構わない。
お掃除モップと掃除機 (7)


モップでゴミを集めたあとに、そのゴミをティッシュやお尻拭きでゴミ箱へ捨てるといった手間が省ける。


集めたゴミをこの掃除機の前において、スイッチ・オン。
それだけでゴミを吸ってくれる。

モップについたゴミをクシでガシガシと落とすときも、この掃除機の前で落とすと掃除機が吸ってくれるのも良い。


scotchbrite(スコッチ・ブライト)のモップだけだと、集めたゴミをゴミ箱へ捨てるまでが少し手間だけど、この掃除機との組み合わせで、1日に何回か行う子供の食べ散らかしの掃除が劇的に楽になるのでおすすめ。





まあ、ダスキンの方が埃の吸着とかには優れてるんだろうけど、替えのモップもスマホでポチっと注文すればすぐに届くしね。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!