温度や湿度を記録したい



ラトックシステムRS-WFIREX3のスマート家電コントローラアプリで、部屋ごとの温度/湿度/照度がわかる。


こんな感じで温度/湿度/照度がわかるので、便利。
スマート家電コントローラ

ただ、そんな温度/湿度/照度を記録で残してくれないので、

何日か前と比べると温度が上がったのか下がった?

みたいな比較には向いてない。

一軒家の1階の部屋が寒いとか、3階が暑いとか、2階のリビングが暑い寒いとか、その時の感覚だけで話してしまうのは良くない。

1階にジョイントマットを導入したので、温度が1度は変わったって事を目でみてわかるようにしたいのですよ。


SwitchBot(スイッチボット)の温湿度計は記録が残せる


お風呂を外から入れられるようにと設置したSwitchBot(スイッチボット)。


SwitchBot(スイッチボット)のカメラも導入。



そして、今回は温湿度計を1〜3階用に3つ。
スイッチボット温度計 (1)


温度と湿度が記録できればよいので少しだけ安価な旧型で充分。

2000円以下の旧型


500円程高い、新型。

至ってシンプルなつくり。
スイッチボット温度計 (2)


ペアリングもアプリで簡単にできてしまう。
ラトックシステムRS-WFIREX3ではできなかった、各部屋の一覧表示ができるのもポイント。
スイッチボットアプリ (1)


そして、記録されたデータを見ることができる秀逸さ。
スイッチボットアプリ (2)

どのくらい記録してくれるのかはしらないけど、便利。


次は、カーテンの自動開閉のSwitchBot(スイッチボット)が欲しくなってくるな。


SwitchBot(スイッチボット)の人感センサーも色々とつかえそうだし。



SwitchBot(スイッチボット)ではない、人感センサー



Lemosionの人感センサーを導入したのが2018年。


どうも最近、センサーが誤作動を起こすことがあって不便。
安価なので4年ちょい使えたので、そろそろ買い替え時期なのでSwitchBot(スイッチボット)の人感センサーを使おうかともおもったけど、同じような商品への買い替え。

同じような商品というか、きっと同じな気がする・・・
人感センサー (1)


ブランド名だけがかわって、中身は一緒。
並べてみるとどっちがどっちかわからない。
人感センサー (2)


2000円程で、動きを感知してくれると音と光で知らせてくれる優れもの。


2階がリビングなので、階下から盗人みたいな忍び足で誰かが急に上がってくると心臓に悪い。
人感センサー (4)


侵入者をしらせる説がある、鶯張りの床みたいなものかな。
この人感センサーは。
人感センサー (3)



「そんなセンサーがなくても・・・」

って思ったりもするけど、このちょっとしたセンサーがあるのとないのでは、生活の便利さにちょっとした差がでてくるのは間違いないとはおもうけどな。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!