手回し式のコーヒーミルKH-5を追加


静電気対策を施したBONMAC(ボンマック)BM-250Nが快適に、部屋で活躍してくれてる。



部屋では挽きたての豆で、美味しいコーヒーを飲んだりしてるけど、リビングでは面倒なのでインスタントコーヒーがメイン。

インスタントコーヒーの手軽さと、豆から挽かなくても充分に美味しいのが最近のインスタント珈琲。


リビングで仕事をする事も多くなったので、

「カリタのハイカットミルでも・・・」



・・・と思ったりもしたけど、BONMAC(ボンマック)BM-250Nで充分に事足りてるので、カリタのコーヒーミル KH-5。
コーヒーミル (1)

2千円そこそこ。



カリタ コーヒーミル KH-5は見た目も良い


真鍮色というか、銅色というか、そういったカラーに惹かれてしまうのですよ。
コーヒーミル (4)

想像通りの色合い。
コーヒーミル (5)

この上部のボルトで豆の挽き具合を調整できる。
コーヒーミル (6)


珈琲豆を選ぶ楽しさも趣味の一つ


石巻で愛されて30年。珈琲工房いしかわ。


そんな珈琲工房石川の、石巻なのに仙台BlueCoffeeをちょいす。
コーヒーミル (2)


仙台と東京を行き来してるので、そんな中の自分へのお土産。
コーヒーミル (3)


カリタ コーヒーミル KH-5は子供でも回しやすい



長女が

「パパのコーヒー、やってあげる」

と豆を挽いてくれる。
コーヒーミル (7)


もう、こんな事をされてしまうとその時点でこのコーヒーは世界一美味しいコーヒーになってしまうんですよ。
コーヒーミル (8)


娘が挽いてくれた豆。
コーヒーミル (9)


最初なのでKH-5にフィルターを入れて挽いてみたけど、そうすると上部のミル部分に静電気で粉が滞留してしまうな。
コーヒーミル (10)


あとはコーヒーポットでお湯を注いでいくだけ。
コーヒーミル (11)


この、無駄とも思える時間がなんとも至極。
電動のコーヒーミルも手軽でよかったりもするけど、手回し式のコーヒーミルで煎れる珈琲もまた格別。


安価でも安定してる珈琲豆


今のところ、オーケー特撰のこれだな。


珈琲豆を選んで買ってくるのも楽しいけど、毎日飲むと消費が激しいので、こういったコスパに優れた豆を見つけておくとさらに楽しい。
コーヒーミル (12)






ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!