夏休みの終わりにディズニーランドへ 〜其の壱〜の続き



美女と野獣魔法のものがたり。
ディズニーランド  (32)

美女と野獣は車でどこかにでかける時にも何回も観てるので、長女も姪っ子も大好き。
ディズニーランド  (33)


次女も連れて行ったら、次女が大泣き。

暗くなって、大きな音が出るから怖かったんだろうな・・・。


安定のアリスのティーパーティーとメリーゴランド



ティーカップに乗ってそれをぐるぐる回してしまおうとか誰が考えたんだとか思ったら、今のぐるぐる回るコーヒーカップはディズニーがマッド・ティーパーティーとして始めたのか・・・偉大だな。
ディズニーランド  (34)

お茶会のティーカップが回るなんて、子供にとっては楽しすぎる。
ディズニーランド  (35)

回転木馬は、何となく想像ができるので、ティーカップを回した方が偉大な気がするな。
ディズニーランド  (36)


・・・まあ、それをいいだすと象が空を飛んで回ってしまうから、何が偉大とかそういった話は無しかな。
ディズニーランド  (37)


子供が何人もいると、それぞれでいろいろなタイミングが異なる。


美女と野獣を出たところで姪っ子や次女がポップコーンを食べたいとポップコーンを買ったけど、長女は要らなかったみたいで買い控えたら、このタイミングで

「さっきのポップコーンが食べたい」


と言い出す。


パパを独り占めする口実な気もするけど、長女を連れて美女と野獣のところまで引き返してポップコーン。
ディズニーランド  (38)


まだまだ小さいと思ってたのに、いつの間にか5才。
ディズニーランド  (39)


あんなにパパと結婚すると言い張ってたのに、

「パパとはけっこんできないんだよ〜」

と、大人びてきてしまったり。
ディズニーランド  (40)


子供が見てる世界は、大人が見てる世界とは違ってる


同じものを同じ様に見てるのに、子供の感性はやっぱりちがうんだな。
ディズニーランド  (41)


大人には見えなくなってしまったものが、子供の目には見えてる。
ディズニーランド  (42)


妹達はママにあずけて、お姉ちゃん二人。
ディズニーランド  (43)


将来はおしとやかな女の子に育ってほしいけど、まだまだ子供だからふざけて元気いっぱい遊んでほしい。
ディズニーランド  (44)


5人も子供がうろちょろしてると見失う・・・


次女はポテトに夢中で、2番目の姪っ子と三女。

保育園とか幼稚園の先生になった気分だ。
ディズニーランド  (45)


お姉ちゃん二人は初のビッグサンダーマウンテン。
ディズニーランド  (46)


今までは乗れなかったこういったアトラクションも乗れるようになったのか。
成長って早いな。


ずっとママに抱っこされてた三女。
長女次女と違って、ママにべったり。
ディズニーランド  (47)



初スプラッシュ・マウンテン



ビッグサンダー・マウンテンを乗りこなした長女と姪っ子。
その流れで、初のスプラッシュ・マウンテン。
ディズニーランド  (48)


「たにしそ〜」

とはしゃぐ、姪っ子と、少しびびって物静かになる長女。
ディズニーランド  (49)


怖くて、ないてしまった長女と写真を見たり。
ディズニーランド  (50)


怖くて泣いてしまったけど、それはそれで楽しかったみたいなので良かった。


ミニーちゃんが大好きな次女


アトラクションに沢山乗れる訳ではない2才な次女は、こういったショーの方が好きみたいで、ミッキーが登場すると興奮。
ディズニーランド  (51)


大好きな憧れのミニーちゃんが登場すると立ち上がって、踊りだす。
ディズニーランド  (52)


本当はエレクトリカル・パレードなんかを見せてあげたいけど、制限中なので仕方ない。
ディズニーランド  (53)


長女や姪っ子も楽しくみてるけど、次女の喜びようが半端ない。
ディズニーランド  (54)


2歳児なのに、踊りまくって嬉しさを表現。
ディズニーランド  (55)

大好きなミニーちゃんに会えたので、上機嫌。


美女と野獣 魔法のものがたりの二回目



踊り疲れた次女が寝てくれたので、長女と2度目の美女と野獣。
こうやって気に入ったアトラクションを並ばずに何度も体験出来るのは、人数制限のお陰だな。
ディズニーランド  (56)


長女が好きな美女と野獣ゾーンにある、描かれた広大な背景。
ディズニーランド  (57)


いつも何かを作ったりする事に没頭してるので、そういった道もある事を教えてあげないとな。

シンデレラ城の前で、二番目のシンデレラ


いつもは昼寝をしない長女が、疲れ切ってベビーカーで夕寝。
お土産を買う時間を楽しみにしてたのに、それを待たずに寝てしまう位に楽しんだんだろうな。
ディズニーランド  (58)


ママ達がお土産を買いに行ってる間、寝てる次女と長女を眺めながらアイスコーヒーでも飲んでくつろごうかと思いきや、次女が起床。

パパを巧く休ませてくれるようなようには世の中はできてない。
ディズニーランド  (59)


でも、カメラを向けるとポーズをとる次女。
世の中のパパ達は子供とのこういった何気ない時間を糧にしてる事を再認識。

1日中、子供の面倒を見てるようで、実は子供にとてつもなく楽しくて幸せな時間をもらってる事に気づいたり。

そのうち、パパとじゃなくて友達と一緒にディズニーランドに行くようになるんだし、その友達が男友達や彼氏に代わっていって、娘達の笑顔はパパじゃない誰かに向けられていく事を少し想像してしまうと、ほんの少しさみしくなってしまったり。

そんな夏休みのおわり。



ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!