夏休みに帰省すれば、田舎の庭で花火なんて好き勝手にできるけど、都内だと普通に花火ができそうな場所がない。



去年は友人宅で、花火をしたので長女は満足。



そんな訳で、家の前の路地(私道)で手持ち花火。
夏といったら花火 (3)


例年の東京なら至るところで花火大会があるので、そんな花火大会を見に行けばいいんだろうけど、










公園で花火を禁止してたり、河川敷は小さな子供には怖すぎる。



そんな訳で、家の目の前の私道。
袋小路になってるし、入ってくる車は2-3軒のご近所さんの車程度。
夏といったら花火 (1)


この小さな路地沿いなら、全員顔見知りで、子供達をにこやかに見守ってくれる下町のおじいちゃんやおばあちゃんばかりなので安心。
夏といったら花火 (6)


玄関前につくった、小さな砂場のお陰というか、子供が路地で遊んでくれるお陰での近所付き合い。


縁も所縁もない土地だったけど、良いところ。



東京の西側に住んでたのに妻の実家側って事で、縁も所縁もない東側にきたけど、子供達を見守ってくれるおばあちゃんとかおじいちゃんとか、ご近所さんがいてくれるので良かったな。
夏といったら花火 (2)


次女は初めての手持ち花火。
夏といったら花火 (4)


長女と姪っ子はなれたもの。
夏といったら花火 (7)


大人からしてみると、こんな手持ち花火なんてたいして楽しくないのかもしれないけど、子供にとっては夏の楽しい思い出の1つ。
夏といったら花火 (5)



大人目線じゃなく、子供が楽しい夏にしてあげないとな。


そんな、夏の日。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!