忍び来るコロナウイルス。

遠くに遊びに連れて行ってあげれないので、河川敷。
夕方の荒川 (2)


「伝染るひとはうつる」

とか

「自粛疲れ」

とか。







浅すぎる。
夕方の荒川 (1)



ウイルスを運ぶ媒介者となってる事には気づかずに、昆虫が知らず知らずのうちに花粉を運んでちがう場所に花を咲かせるように綺麗に広がってるな。

バッグにいれて普段使いとして優秀なG9 X Mark IIも気づいたら4年も使ってるので、少し疲弊。


どうも絞り込んだ状態にすると、中央部分が白くもやもやっとした感じになる。

まあ、これはこれでコスモスにフィルターをかけたような感じで悪くはない。
夕方の荒川 (4)


開放側で使う分には全くもんだいないから、とにかくぼかす事が綺麗な写真だと思える人には良いのかもしれないけど、
夕方の荒川 (6)


子供との思い出をとるような日常使いにはどちらかというと絞った状態でつかって全てを写したい事の方が多い。

そんな時にこの中央がもやもやっとした感じはいただけないな。
夕方の荒川 (5)


愛着があるカメラなので、修理をしようかと思ったりもしたけど、そうなってくると買い直すのと同額になってしまう。

G9X MK3なんて後継機が出ないか待ってた感はあるけど、出ないんだろうな。

AQUOS R6のような1インチなスマホが出てきてるし。

1インチといったスマホよりは綺麗で、一眼やらミラーレスと違って毎日持ち運べる重さに抑えられるコンデジだとSONYのRX100VII辺りを選べば良いんだろうけど、まだまだ高い。

画質を求めるなら、これを持ち歩けば充分。


ただ、子供がいる中で毎日持ち歩くのは苦痛。

FUJIFILM(富士フイルム)XF10



RICOH(リコー) GR III



ズームを捨た単焦点なXF10やGR IIIは、一人で散歩するような時には優秀なカメラなんだろうけど、子供を撮るとなると、どうも使い辛い。


普段使いで子供を撮るならスマホか、200g程度しかなくて持ち運びが苦痛じゃないG9Xmk2が一番だと思ってたけど、最近は自宅で仕事ばかりだから、200gにこだわらなくても良い気がしてきたな。

まだまだ使えるG9Xmk2。
夕方の荒川 (3)



そんな、普段使いのカメラのもやもやっとした感じにもやもやっとした日。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!