日々溜まっていく写真や動画の保存ストレージとしてDS216Jを設置



Synology AssistantをNEWPCにインストール



2017年から3TB×2つでRAID1でバックアップで運用。


どうでも良いデータなら、単にHDDなんかに保存しておけばよいけど、子供の思い出になる写真は消えてなくなってしまわないようにきちんとバックアップを取りたい。

スマホやら一眼やらミラーレスのデータは、Googleドライブにも自動でバックアップはされてるのでそれだけでも良い気はするけど、オリジナルのサイズで保存しておくにはNASが便利。


4年目にして2TBを超えてきたのでHDDを交換



DS216は8TB×2までいけるけど、8TBはまだ割高。

1万円チョイで購入できるWestern Digital HDD 6TB の青ラベル。


2つをポチっと。
DS216J シノロジー (1)


6TBでのバックアップになるので、今までのデータを移しても後4-5年容量を心配することはないな。
DS216J シノロジー (2)


1ベイタイプを追加しようかなーと考えたり、


2万円程度で購入できるならDS220を購入してしまおうかとも思ったり。

DS216J シノロジー (3)


DS216の電源を落として、分解。


特に掃除なんかもせずに使い続けたDS216J。
DS216J シノロジー (4)


先日分解した旧PC。


そんな旧PC同様、埃が溜まってる。
DS216J シノロジー (5)


とりあえず、埃を除去。
DS216J シノロジー (6)


ストレージマネージャー>HDD/SDD を確認してから交換


作業開始前にとりあえず確認。
DS216 001


残容量のところをキャプチャし忘れたけど、2.1TB/2.7TB程。
残り25%程ってところ。

残容量が少なくなってるような通知がもう少ししたらくるんだろうけど、安いと思われる時期にHDDは入手しておく方が良い。
DS216J シノロジー (7)


DS216の電源を落として、LANケーブルと電源ケーブルを抜いてから分解。



分解したシノロジーDS216Jには、3TBのHDDを2つで運用(2017は3TBが一番コスパが良かった)してたので、3TBをいったん1つ外してみる。
DS216J シノロジー (8)


片側を新しい6TBにして、片側の3TBからデータを修復(バックアップ)する算段。

電源を投入すると、さっそくビープ音。
なにやら以上が発生してそうな警告音。

これは、片側のHDDに異常が発生(正常に同期されてない)って事の警告音なので正常な動作。

煩いので、コントロールパネル>ハードウェアと電源>全般メニューから[ボリュームが劣化または障害をおこしています]のチェックを外して、適用。
DS216 002



取り付けたHDDを修復作業



3TB→6TBに交換してデータをバックアップするのに、項目名が修復ってのが少しだけ判り辛いけど、作業開始。

ストレージマネージャー>HDD/SDD で、新しいHDDが表示・認識されてる。
DS216 003


ストレージプール>操作から 修復を選んで作業を続ける。
※この修復って項目名がひっかかるくらいで、あとは特にひっかかる場所はない。
DS216 004


選ぶディスクを間違えてなければ続行。
DS216 005



修復が完了するまで、数時間放置


夜に交換して、放置してたら朝には完了してた。
通知にも完了の通知がきてる。
DS216 007


正確に時間ははからなかったけど、6時間〜8時間程。

ストレージマネージャーを確認すると、2台とも正常な状態で表示されてる。

ドライブ1が6TB。ドライブ2が3TB。
DS216 006



もう片方も6TBに交換して修復作業


もう片方の3TBを6TBへ入れ替え。
3TB→6TBにバックアップが完了したので、6TB→6TBへの修復作業って事。
DS216J シノロジー (9)


この作業が終われば内部をイジる事はないので、ボルト類も締めてしまってOK。
DS216J シノロジー (10)


先程と同じような表示。
未使用のドライブが、故障した体裁で認識されてる。
DS216 008


故障したから交換するって前提でつくられてるので、交換ではなく修復作業となってくる。
DS216 009


朝から放置して昼頃には完了


修復作業(バックアップ)を行って放置してたら、昼頃には完了。
DS216 010


0.6TB程だった残容量が、3.25TBまで増えた。
DS216J シノロジー 完了


HDD自体も新しくなったのでHDDの寿命を気にする必要もなくなって、2つのHDDでバックアップをとり続けてくれるので、仮に片側のHDDが逝ってしまわれても、同じ手順で交換さえすればOK。


そんな訳で、また3-4年後にHDDの容量が不足してきて、容量の大きなHDDへ交換するのか、新しい何かを導入するのかわわからないけど、そんな事を続けるんだろうな。


交換に伴って余った3TBのHDDは、NEWPCに増設するか、NASを増やすかはそのうち考えよう。



1ベイタイプだと1.2万程。


2ベイタイプで2万円。


でも、そんなに保存するようなデータもないので、6TBのHDDまで増設できるようになったバッファロー性のNasneを追加した方が、子供にも便利な気もするな。



ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!