荒川サイクリングロードへ少し遠出をしてみて、自転車の楽しさを知ってしまった娘。


パパの休みの日は、自転車で遊ぶって事に(娘のなかで)決まったみたいで、週末は交通公園。
交通公園 (1)


農園で収穫した後の交通公園。



自転車を借りて標識や信号機がある道を子供が遊べる、楽しい場所。

交通公園は対象年齢が決まってるし、車もこないので安心


借りた赤い自転車で颯爽と走る娘。
交通公園 (2)

手の位置が悪いので、ブレーキで止まる姿がなんだかぎこちない。

でも、止まれの赤い標識や、停止線はしっかり覚えてくれたので、止まろうとして一生懸命。
交通公園 (3)

気のせいではないど、まったくSlowではない娘。
同じ位の背丈の子をどんどんと追い抜いてしまう。
交通公園 (4)

転びもせずに、買ってに公園内をぐるぐる走ってくれるけど、やっぱりまだ心配なので座ってスマホをイジって放置するような親スタイルにはなれずに、カメラ片手に追いかけてしまう。



翌日も交通公園


翌日は姪っ子も一緒に交通公園。

自転車で信号を見て止まったり、転ばなくて自分で進めるようになったのが楽しかった事を姪っ子に話して、

「パパに連れて行ってもらおう」

と、娘と姪っ子が勝手に決めてしまってたみたいだけど、娘と姪っ子の頼みなら仕方ない。

交通公園 (5)

何だか速いタイプの自転車。
娘にプレゼントした可愛いタイプの自転車は、やっぱり街中を走ると少し遅いので、もっと慣れてきたら遠くまでいけるような自転車に買い替えてあげよう。
交通公園 (6)

1日前に覚えたブレーキの握りかたを、得意気に姪っ子に教える娘。
交通公園 (7)


交通公園にはちょっとした遊具もある


交通公園自体が、年齢制限があるので小学生の大きな子供達がいないので、ぶつかって大怪我みたいな事がないので安心。
交通公園 (8)

少し休憩したら、すぐに自転車。
交通公園 (9)

こういった信号で、赤はとまれ。
青は進めを覚えてもらう。
交通公園 (10)

スイスイ進めるようになったので楽しくてしかたがない。
交通公園 (11)

こうなってくると、交通公園内ではパパはベンチに座って眺めてるだけでOK。
交通公園 (12)

姪っ子も、転ぶ事なくゆっくりと進む。
あいかわらずマイペース。
交通公園 (13)

そして気付いたら、次女までやってくる始末。
交通公園 (14)



さらに次の週末も交通公園


二人でお揃いコーデ。
交通公園 (15)_1

同じ背丈なのでヘルメットの色でしか区別がつかなくなるくらいに、わからなくなる娘と姪っ子。
交通公園 (16)_1

止まれの位置でしっかりとまって、何か白線について話し合ってる。
交通公園 (17)

そして、遊具で休憩。
交通公園 (18)_1


娘と姪っ子は、もう路上にでても問題無い位に上達。

今度の休みは自転車にお弁当やお菓子をのせて、少し遠くの公園へ出かけたりしようかな。


そう勝手に思ったり。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!