娘と姪っ子が種を蒔いて育てた水菜と、豚肉のしゃぶしゃぶを堪能。


娘も姪っ子も楽しみにしてるミニトマト。
小さな畑にミニトマト (2)




水菜は大人だったら食べても美味しいけど、こどもには少し苦いというか、単なる草みたいなものだからな。
小さな畑にミニトマト (1)


黄色なミニトマトも順調に育ってきた


黄色い色のミニトマトも育ってきて、娘が大興奮。
小さな畑にミニトマト (3)

これから真っ赤になるだろう、ミニトマトも急激に実をつけ始めた。
小さな畑にミニトマト (4)

至るところにミニトマト。
小さな畑にミニトマト (5)


ミニトマト以外も順調に育ってる


根本を残して収獲した水菜も、まだそだってきた。
水菜の成長力、恐るべし。
小さな畑にミニトマト (6)

なんだか静かだとおもったら、今回の畑の番人のきりんさんと遊んでるではないか。
小さな畑にミニトマト (7)

ししとも順調なはず。
ししとうを収穫して、焼いて麦酒を一緒とか。間違いなく美味しそう。
小さな畑にミニトマト (8)

きりんさんに、ネックレスを作って遊ぶ娘。
小さな畑にミニトマト (9)

「なんでパパははたけにいくの〜」

と、最初こそ畑に行くのを躊躇してたのに、今では外に出る度に畑に寄るのがルーティーン。


午前中にいったばかりなのに、姪っ子と一緒に夕方も小さな農園



姪っ子の家まで自転車で向って、散々散らかした後は、姪っ子を連れて交通公園。
公園を遊び尽くした後は、畑に寄って帰る。
小さな畑にミニトマト (10)


「パパは日曜しか休みがないから、自転車で遊べるのは日曜だけだから、あんまり乗れないんだよ。」

と、日曜にしか自転車遊びができない事を嘆いてた姪っ子。
平日や土曜日は育てのパパがいるから、大丈夫。
小さな畑にミニトマト (11)

何でキャベツの葉っぱに穴があいてるのかを真剣に話す二人。
小さな畑にミニトマト (12)

最後に残ってた二十日大根を収穫。
小さな畑にミニトマト (13)


このゾーンが相手しまったので、何か新しい野菜を育てないと。


田舎暮らしとか郊外暮らしとかもあるけど、そもそも田舎で育った身としては、そういった郊外生活よりもこうして都内の便利さを享受しつつ、小さな畑がある方が便利で良いと思ったりするけどな。


野菜の葉や花の上を蝶が舞ってるのを見て、小さな虫がキャベツの葉を食べてるのを観察して、小さな蜂みたいのもやってきて驚いて。おなじような畑作業をしてるおじいちゃんとかおばあちゃんの話を聞いてみたり。

二人にとってこの畑が楽しい場所になってくれてればよいな。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!