美味しい蜜を求めて越谷へ


近所の公園もよいけど、子供の頃の体験は大人になってからとは全然違うと思うので、美味しい蜜を求めて越谷へ。
関東最大級の越谷いちごタウンへ。


いちご狩り (1)



2年前は長女と姪っ子だけだったけど、今回は次女と三女と、下の姪っ子の5人。


前々回




二番目も同じ歳。
次女は判りやすく、

「いちご。いちご。」

いちごを食べれる事に嬉しそう。

下の姪っ子はどこか、ぼーっとして楽しんでるかどうかが謎。
いちご狩り (2)


子供料金の設定があるのは嬉しい


大人(小学生以上)2,200円 小人(3歳以上就学前まで)1,200円
いちご狩り (3)

子供が5人もうろちょろしてると、ほんの一瞬目を離しただけで、それぞれが別の場所に移動してしまって大変。

初めての苺狩りなのに、美味しそうないちごを探す次女。
いちご狩り (4)

子供達が散り散りに移動するので、ゆっくり写真を撮ってる暇がないなかで写真。
いちご狩り (5)

あっという間に、大きくて真っ赤なイチゴを狩ってくる長女。
いちご狩り (6)


食べるよりも、採るのが楽しい


長女は、狩っては食べ狩っては食べというよりは、どれだけ大きくて美味しい苺をとれたかを見せびらかしたいみたいで、ハウス中を行ったりきたり。
いちご狩り (7)

この、かおりのいって種類が美味しかったな。
いちご狩り (8)

三女は0歳なので、ママに抱っこされたまま。
いちご狩り (9)

次女もお気に入りのピンクの長靴でテクテク歩いて、楽しそうにいちごを狩ってる。
いちご狩り (10)


いちごより、練乳の方が美味しい


いちごも食べてたけど、最後の方は苺に練乳をつけては舐めてを繰り返し。
いちご狩り (11)

早々にベビーカーにのってしまう、相変わらず楽しんでるかどうかわからない、下の姪っ子。

「楽しんでる?」

ときいてみたいけど、まだわからないからな。
いちご狩り (12)


2つのハウスを行ったりきたり


種類が違う苺が食べれるので、45分のなかで行ったりきたり。
いちご狩り (13)


マイペースな次女は歩きながらもぐもぐ。
いちご狩り (14)

そして、トレーいっぱいにいちごを採ってくる長女。
いちご狩り (15)

色々な種類を食べれるのは良いな。
いちご狩り (16)

写真ばっかり撮ってるパパに、沢山の苺をもってきてくれる長女。
いちご狩り (17)

ひたすら食べ続ける次女。
いちご狩り (18)


沢山採ってきた苺を皆に食べさせる長女


苺を狩るのが楽しくてしょうがないみたい。
いちご狩り (19)

苺を食べ尽くした後は、農園の中央に出てたカフェでイチゴのジュースを飲む、女子。
いちご狩り (20)

長女も次女も姪っ子も楽しそうに苺を食べてて、余り食べてる姿をみれなかった下の姪っ子。

楽しかったのかなー?

と思ってはいたけど、よく見たら、

「エンジョイ」 


と、一番主張してたんだな。
いちご狩り (21)

気付かなかった。


そんな、都内から1時間以内で気軽にいける、越谷いちごタウンでいちごを沢山食べた日。





ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!