プロジェクターも進化してる。


SONY CPJ-200で天井投影を楽しんだり、



DR.Jといった安価で軽量なプロジェクターを使って、




小さな映画館なんてものを子供と楽しんでたけど、やっぱりもう少し画質が良い物にしたい欲に駆られて、


NEWプロジェクターをポチっと。

到着したら、それが新しいプロジェクターだと解ったみたいで、喜ぶ娘(長女)。
プロジェクタ― V630 (1)




VANKYOのV630を購入



VANKYOといった中国ブランドのプロジェクター。
プロジェクタ― V630 (2)


18,000円程。

他にも様々なメーカーがあったり、種類もあったけど、今回はリアル解像度:1920*1080pが欲しかったので、これに決定。
プロジェクタ― V630 (3)

国内ブランドのプロジェクターの方が性能やアフターサービスも良いんだろうけど、価格がね。
プロジェクタ― V630 (4)


VANKYOはレビューを見る限り悪くないし、届いた商品もチープさがなくて良い。
プロジェクタ― V630 (5)

DR.Jと比べてV630は大きく重くなった


当然と言えば当然なんだろうけど、ちょっと重量感を感じてしまう。
プロジェクタ― V630 (6)

軽ければ良いって訳ではないけど、天井吊りにするので重いとなんとなく怖い。

HDMI入力端子が2つに増えたのはポイントが高いな。
プロジェクタ― V630 (7)


裏側のUSBは5Vの給電をできるので、ファイヤースティックと組み合わせようと思ってるので嬉しい。
プロジェクタ― V630 (8)

天井吊りにしてしまうと一切使わなくなってしまうボタン類。
プロジェクタ― V630 (9)

一通りみたけど、悪くない。
プロジェクタ― V630 (10)

誤算は天井吊りのプロジェクタースタンド


DR.Jで使ってたプロジェクタースタンドはカメラ等の雲台と同じようなスタンド。


V630は4点留めなので、既に天井に取り付けたスタンドでは設置ができなかったのが誤算。


そんな訳で、VANKYOのプロジェクターブラケットを追加でポチっと。
プロジェクターマウント (1)


プロジェクターマウント (2)


2000円以下で購入できるスパイダーブラケット。


V630の裏側に、ブラケットにはいっていたステーを使いこんな感じで固定。
正面から投影するなら真直ぐにしておけばOKだけど、少し斜め気味にするので若干斜めに調整。
プロジェクタ― V630 (17)


天井に穴が増えてしまうのが誤算


元々使ってた天井吊り用のスタンドを外して、柱が裏側にない穴にはアンカー。
プロジェクタ― V630 (12)

付属のボルトを使って固定したけど、ボルトの頭がもう少し大きくても良いのにな・・・

後でワッシャーでもかますか、ボルトを増やさないと落下するかもといった不安が拭えない。
プロジェクタ― V630 (13)


取りあえず、更に2本のボルトを追加。裏に柱が走ってる部分なので、これで安心。
プロジェクタ― V630 (18)


下地センサーは自宅の壁や天井に何かしらのボルトを打ち込む時には、間違いなく持ってた方が良いアイテム。

これ。

ぴこんぴこん鳴って、壁の裏側に柱があるかどうかを教えてくれる優れもの。


V630用の天井吊りブラケット設置完了



こんな感じな無機質なスチールのブラケット。
お洒落感はゼロ。
プロジェクタ― V630 (19)

電源コードをスッキリみせるようにすると良いんだろうけど、念の為落下とかしたときにカーテンレールにプロジェクター類がひっかかって、下にいる人にダメージが当たらないようにと考えてみた結果、こんな感じ。
プロジェクタ― V630 (21)

そして、試しに電源を入れてファイヤースティックで映像を流してみたら、曇天な日だとカーテンをしめなくても観れる位に明るい。
プロジェクタ― V630 (22)

4Kじゃない方の Fire TV Stickを使ってるけど、


4Kの方にしたら、もっと画質が向上するのかな。


Fire TV Stickと天井吊りのプロジェクター


Fire TV Stickと天井吊りのプロジェクターは相性が良くて、寝室の壁が大きなTVになってしまうですよ。
プロジェクタ― V630 (14)

Fire TV StickとEcho Show 5をBluetoothでペアリングしておけば、V630の脆弱な音がEcho Show 5のスピーカーから出るようになって、音質も向上。


遮光カーテンで部屋を真っ暗にすると、液晶TVと変わらないクオリティ。
プロジェクタ― V630 (20)

綺麗すぎるな。
プロジェクタ― V630 (15)

綺麗過ぎて、プロジェクターのチープ加減というか、アナログフィルムのようなノルタルジック感は消え去ってしまった。
プロジェクタ― V630 (16)


まあ、画質を良くしたいと思って購入してるので、結果は良かったんだけど、DR.JはDR.Jで味があったな。

プロジェクターの色々な使い方


AndroidなスマホをFireスティックにミラーリングしたり、

AirReceiverをいれてFireタブをミラーリングしてみたり。


ちょっとわかりつらいけど、Fireタブ8をミラーリング。


プロジェクタ― V630 (25)



プロジェクターが巨大なタブレットに。
プロジェクタ― V630 (23)

子供部屋を映して、子供が部屋と寝室を行ったりきたりして遊んで楽しんだり。
プロジェクタ― V630 (24)


一番の使い道はやっぱり子供用


「あれくさ ぷろじぇくたーつけて」

と、アレクサでプロジェクターをつけて、勝手にYoutubeをみてダンスしてみたり、子供用の映画をみてたりと、本当に楽しそう。
プロジェクタ― V630 (27)

画質も綺麗になって、長女も次女も姪っ子も喜んでる。
プロジェクタ― V630 (28)


大人には寝る時に何か適当な風景動画を流しておいても良し。
プロジェクタ― V630 (26)


ここまで画質がよければ、次に買い替えって事がなさそうな気がするな。





ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!