長女一人なら、三分割して幅97×奥行65cm×高さ15cmのマットレスで、幅を65cm広げておけばよかった寝室。


次女が生まれてからは、少し狭く感じたのでベッドフレームを処分してマットレスのみにして、
ダブルベットの横幅140cmと、幅97といった中途半端サイズになってしまったマットレスと組み合わせて使ってた。

小さな赤ちゃんがベッドから床に落ちたら危険だなーとマットレスのみにしてみたら、子供達にとってはぴょんぴょんぴょんぴょん飛び跳ねれる、快適な遊び場に。


そして三女が生まれてくると、寝相の悪い長女と次女に押しつぶされてしまいそうなのと、ダブルベっドの140cmと97cmといった微妙なサイズのマットレスで247cmといった、260cmの部屋の横幅に対して13cmの隙間をもっと有効に使いたいって事で、追加マットレス。

Sealy6902に合わせて、Sealy6902のセミダブルとかが良いかとおもったけど、Sealy6902は既に生産されてないので、どうしようかと悩んだけど、次の買い替えの時に同じようなシリーズで買い替えられるようにまたしてもニトリ。
ベッドの幅を広げてみた (2) のコピー

Nスリープハードの高さが25cmのマットレスですよ。


ダブル140cmとセミダブル120cmで、寝室としてる部屋の横幅ぴったり。
ベッドの幅を広げてみた (3) のコピー


ベッドの幅を広げてみたで使った、絶妙なサイズのマットレスも使い、ベットの長さも少し長めにして、260×260程の寝るだけな部屋が完成。


Nスリープハードの硬さも悪くない。
ベッドの幅を広げてみた (4) のコピー


そして、マットレスとマットレスの隙間の寝心地の悪さを解消してくれるアイテムもポチっと。


子供がマットレスの上を歩いて移動するときに隙間に足が挟まらなくなる優れもの。
ベッドの幅を広げてみた (5) のコピー


見た目はわるいけど、これがあるのとないのではマットレスを組み合わせた際の寝心地が全く違う。
ベッドの幅を広げてみた (6) のコピー

とりあえず余ってたシーツを適当に被せて完成。
きっとシーツなんかをかいそろえると、もっと綺麗なんだろうけど、それは後々。
ベッドの幅を広げてみた (1) のコピー


そんな訳で、妻と長女(5歳)と次女(1歳)と三女(0歳)が安心してゴロゴロできる寝床が出来上がった。

娘(長女)と姪っ子が、幼稚園から帰って来たあとに、寝室のプロジェクターを良く使ってYoutubeを見たりしてるので、もう少し画質が良いプロジェクターに買い替えようかな。



・・と、そんな事を考えたりした日。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!