ピクニックに行ったり、良く使う小松川公園。


そんな公園に友人が子連れで遊びにくるっていうので、娘と姪っ子を連れてパパ友の会ですよ。
小松川公園 (7)

友人の息子は4歳で、娘と姪っ子よりは1歳年下なので少し幼い感じで、最初は知らない人が現れたって事で人見知り。



でも、そこは子供同士。
ほんの少しの時間で打ち解けてしまう。
小松川公園 (5)

娘(長女)は最初は恥ずかしがるけど、自己紹介さえすればきちんと年下の子の面倒も見てくれる。
小松川公園 (4)


マイナーな公園だけど、アスレチックや長い滑り台があるので、これくらいの歳の子供には丁度良い。
小松川公園 (3)

何より、渋滞とか入場待ちみたいなものがないので、大人も疲れなくて済む。

娘(長女)と姪っ子を比べると、娘(長女)の方が運動神経が良いなーと思う事は多々あったけど、こうして別の子供が混ざると、その差がはっきりするな。
小松川公園 (2)


姪っ子は一人でじっくり何か塗り絵をしたり、文字を書いてみたりとかそういった落ち着いた事が好きな感じで、娘は兎に角動き回る事が好き。

いつも一緒に遊んでるから、どっちかがどっちかに合わせて遊んでたりするんだろうけど、3人になると自由に動けるので、娘(長女)の動き回りっぷりが半端ない。
小松川公園 (1)

姪っ子も、友達の子もまだおっかなびっくりで登るようなアスレチックも、容赦なく登っていく。


沢山動き回った後は、手を繋いでこっちで遊ぼうとか、年下の男の子を連れまわす積極的な感じも姪っ子とはまた違うな。
小松川公園 (6)


小松川公園 (8)


アスレチックで全快で遊び回った後は、シートを広げてお菓子を食べたりしてちょっと休憩。

「まだ帰りたくない」と、パパ達も人数に入れられてかくれんぼだったり、広すぎる公園を隅々まで走り回る追いかけっこ。

パパ(おっさん)二人が疲れ切るまで走り回っても元気な子供達に、
夕方になって少し肌寒くなってきたのでと、時間を言い訳に解散。


吞んだくれてグダグダと話をするのも良いけど、たまにはこんな感じもわるくはないな。


そんな休日。



ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!