コロナで外出が自粛のムードが続いてたけど、自粛ばかりではなく、巧く感染しないように気をつけるような流れにかわってきてるので、久々にここへ。



相変わらず広いウッドデッキ。
秀芸さん (2)


パパとママは動物が好きなのでワンちゃんや猫ちゃんやうさぎちゃんを飼いたいけど、姪っ子一家が動物が苦手なので、自宅で飼うのは自粛。

娘が会いたがってたワンちゃん(リリー)にも再開。
秀芸さん (3)


「もう一人のワンちゃん(レッツ)は何でしんじゃったんだろーね?」

「天国にいっちゃったのかなー?」

「天国にみんなが行けば、また会えるね」

「だからいいかー」


と、もの凄くポジティブ発言をする娘。



親が思ってる以上に、何だか優しい子に育ってくれてるな。
秀芸さん (4)


隣接する庭


遊具みたいなものは何もないけど、広い。
花火と夏の終わり (18)

少し小高い丘の上のベンチで写真。
花火と夏の終わり (19)

何もなくても、子供は場所さえあれば子供の想像力で、楽しい遊び場に変身する。


これいいな。
クロスカブが欲しいなと思いつつも、近所を徘徊するならTB1eが最適だからなかなか触手がのびてないけど。
花火と夏の終わり (20)


TB1e


小春日和な今回はバーベキューではなく、ウッドデッキでまったりとお茶をしたり、なぜか桃鉄をしてみたり。


茜色の空と碧い空


夕暮れになって、茜色の空が見えてきて、その空の色を一生懸命に説明する娘。
花火と夏の終わり (3)

とっくに終わった夏を、また終わらせる花火。
花火と夏の終わり (4)

子供が他にいないので、主役になれるので娘は楽しいんだろうな。
花火と夏の終わり (5)

子供はなるべく長く花火をしたいので1本1本火をつけていくのに、
花火と夏の終わり (6)

大人は寒くて早く終わらせたいので、両手に沢山の花火を抱えて火をつける。
花火と夏の終わり (7)


「なんで〜? 早く終わらせたいのー?」

といった、何気ない娘の言葉に、色々考えさせられる。

花火と夏の終わり (8)


打ち上げ花火もできて、満足。
花火と夏の終わり (9)

夜に外を出歩くって事もないし、ママと妹もいなくてパパを独り占めしてるのでうきうきな長女。
花火と夏の終わり (2)


〆のナイアガラ


ウッドデッキの特等席
花火と夏の終わり (10)

着火
花火と夏の終わり (11)

風下だったので煙に巻かれる。
花火と夏の終わり (12)

特等席でランタンを抱えながらの花火鑑賞。
花火と夏の終わり (14)

こういう時はやっぱり広い庭が欲しいと思うな。
花火と夏の終わり (15)

花火の勢いが衰えてくる。
花火と夏の終わり (16)

だんだん消えてゆく花火。
花火と夏の終わり (17)


そんな大人は見せたら楽しいだろうと思ってる花火は、火が消えた後に娘が拍手をしてたので、まちがいなく楽しかったんだろうな。

花火と夏の終わり (13)


いつも夜ご飯やお風呂の時間が近づいてきたら、「そろそろ帰る〜」とさすがに家が恋しくなったのか、車に乗り込んで帰路。

フラットにしたセカンドシートで、

「今日はたのしかったね〜」

と言ったとおもったら、即就寝。


一週間も前から

「あと何回寝たら、わんちゃんの家?」

と毎日の様に聞いてきて楽しみにしてて、当日の朝も普段ではありえない時間に早起きしてきて、1日中遊んだので、疲れたんだろうな。


家についても、そのまま起きる事なく寝続けて。


そんな、娘がものすごく楽しんだ一日。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!