5千円の目覚まし時計と思ってポチったEchoShow5。


Fire10とFire8もあるけど、据え置きで使うEchoShow5はまた違った使い心地。


お気に入りのスキルはディズニースーパーゴールド絵本


娘(長女)のお気に入りのスキルは講談社のディズニースーパーゴールド絵本


「あれくさ でぃずにーえほん」

「あれくさ しんでれら」

「あれくさ しらゆきひめ」

と、いつの間にかパパの真似をして、アレクサを音声で操ってる、恐るべし4才児。

寝る前にシンデレラの話を聞いたり、姪っ子と二人で遊んでる時に二人で一生懸命、アレクサを呼んでるのが可愛すぎる。

プロジェクターもアレクサで呼び出し


Echo Show5(アレクサ)を使えるなら、子供にはちょっと煩雑というか、リモコンが複数になってしまったりするプロジェクター+FireTVstickの操作も音声にしておけば、子供でも勝手にみたりできるかなーと、プロジェクターの電源も声でON。


「あれくさ ぷろじぇくたー つけてー」

と、プロジェクターの電源を声でONにして、FireTVstickはリモコンで操作してYoutubeを勝手に観れるようにまで成長。

子供の学習能力って凄いな。

親がダラダラとスマホばっかりいじってたりしたら、子供もそれを見て真似をしてしまい、伸びるだろう子供の成長を留めてしまうので気をつけないとな。

(防犯)カメラの映像もアレクサで呼び出し



ieGeekのネットワークカメラはMIPCといったアプリを使うけど、これもアレクサのスキルに落ちてたので登録。

呼びかけのフレーズを「玄関」にしようか「砂場」にしようか迷ったけど、何年経っても変わらないだろう「玄関」に決定。
mipc tplink (2)


最初に作ってから3年位経ってるけど、未だに良く遊んでくれてる、玄関前の小さな砂場。



子供が遊んでる姿をFire10のアレクサに呼び掛けて、映像を出す事によってリビングからも確認ができる。


寝室でゴロゴロしてて、インターフォンがなったら寝室から誰が来たのかも確認できて、ベランダに設置したネットワークカメラのマイクから、返事もできたりするからね。
mipc tplink (3)


アレクサと連動できるって事で何となくポチって、あまり活用できてなかったTP-LINKのKC100は、やっと置場が定まって、3階の廊下を映すカメラに。


大人では想像できない遊び方を作り出す子供


室内ブランコを設置した3階の廊下。

壁側にかかる力を多少分散できるように、柱がある場所を選んで設置しなおしたので心配事は減っていまのところ全く外れる様子をみせないブランコと突っ張り棒。

起きて朝一でブランコ。
家で仕事をしてるパパの部屋の横でブランコ。
姪っ子があそびにきたらブランコ。
お風呂をあがってきたら、ブランコ。
mipc tplink (1)

そんな感じで楽しそうにブランコをしてる娘。

そして、そんな姿をカメラ越しに確認してにやにやするパパ。



気付いたら、

「アレクサ さんかい みせて」

と、EchoShow5で呼び出して、姪っ子とわいわい遊んでる娘。
良く、聞いてるな。パパが言ってる言葉を。


カメラの映像がアレクサに届くのが2〜3秒遅延するのを利用して、カメラに自分を映して、走って寝室に戻って、2〜3秒前の自分の姿を確認して、

「おばけー」

「あっちのへやに、だれかいるー」

ときゃあきゃあふざけ合って楽しく遊んでる、娘と姪っ子を見てにやにや。

そして、色んな事を想像して、新しい遊びを作り出す娘と姪っ子に関心。


そんな日。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!