EverydayLowPriceなOKの特選マイルドブレンドな珈琲豆。
OK特選マイルドブレンド (1)


珈琲の専門店で買う珈琲豆は、味以外に「専門店で買った」といった更に珈琲を美味しくさせてしまう雑味が混じってしまう。

美味しくなるから、それはそれで大歓迎な雑味なんだけどね。



そんな珈琲豆が切れてしまい、近所のコンビニでは豆が売ってる訳もなく、妻の買い出しな際に車を出して、スーパーのOKへ。


セールとか特売とか、そういったのが何だか面倒で苦手なので、EverydayLowPriceといった常に安価で購入できるって良いな。

安く無くてもいいけど、スーパーに限らずどんな商品もいつみても同じ値段だったらそれでいいのに。


・・・といった話は置いといて、買い出しの帰りにどこかの珈琲豆が売ってるショップで、新しい豆でも入手しようかと思ってたけど、とりあえずこれでいいかと選んだOKに置いてあった、特選マイルドブレンドといった豆を購入。

400gで500円もしない程度の、とてもコスパに優れた豆。
OK特選マイルドブレンド (2)


専門店で買ったといった雑味はそぎ落とせないフィルターの持ち主だけど、価格といった雑味を受けないフィルターを持ってるとは思ってるので、試してみる。


・・・あれ? 想像以上に良い香りだな。
OK特選マイルドブレンド (3)

粗く挽いてみた珈琲豆。
OK特選マイルドブレンド (4)

お気に入りのカッパー色のケトルで、コーヒー豆を蒸す至福の時間。


真空パックで、スーパーでうってるような豆といった変な先入観をいれてしまってたけど、想像より良いな。
OK特選マイルドブレンド (5)


調べてみるとハマヤといった大正13年創業の会社の湘南工場でローストされてる豆ではないか。

OK特選とはいえ、これは大正ロマンな湘南ブレンドな豆ではないか。


味も毎日でも飲める、とても美味しい味で、これが400gで500円をきってくるとは。


EverydayLowPriceは嘘ではないな。


そんな、珈琲豆に出会った、どうでも良い話。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!