子供が家で楽しく遊べるように工夫


もう少し補強しておいた方が良さそうって事がわかった室内ブランコにつづいて・・



仕事以外の空いた時間は、子供の世話中心なので時分の部屋では殆ど使えてなかったプロジェクターを寝室へ移動してみようかと・・・


洗面・脱衣所に棚を自作なんかでも登場した、下地センサー。



2000円ちょいで購入できる優れもの。


一度設置した事があるので、設置自体は数分で完了


この下地センサーで、壁(今回は天井)の裏側に潜む柱の位置を見つけて、そこにプロジェクタースタンドをボルトで留めるだけ。
プロジェクタ (2)

配線の見た目はそのうち綺麗にしよう・・・


プロジェクタースタンドは2,000円程度のもの。


安すぎて、

「落下してこないか?」

と思ったりもしたけど、2年程自分の部屋で使って落下する気配は全くなく、想像以上にしっかりしてたので、寝室で使っても問題なし。


音声で操作できるようにしてみる


この組み合わせで、充分に使えるけど、さらに一工夫。



寝室でつかってる、アレクサ(Echo Show5)と連携して、音声でON/OFF。


寝室にはおいてある、ラトックシステムのRS-WFIREX3。


echodotとRS-WFIREX3でも良いけど、寝室には時計代わりのEcho Show5が丁度良い。


音声で操作できるようになると、リモコンが減らせる


RS-WFIREX3とスマホで、DJ-Rの赤外線リモコンのONとOFFと、音量の上げ下げを登録。

FireTVstickは、Amazon製品なので、デフォルトというかちょっとした設定でアレクサと連携できるのでRS-WFIREX3は不要。
プロジェクタ (3)


「アレクサ プロジェクターつけて」

といった言葉で、プロジェクターがついてHDMIに挿してるFireTVstickもスリープ状態から立ち上げるし、


「アレクサ プロジェクターけして」

で、プロジェクターが消えて、FireTVstickも勝手にスリープになってくれる。
プロジェクタ (4)


音声を使わないとしてもRS-WFIREX3用の家電リモコンといったスマホのアプリが、様々なリモコンを集約した秀逸なアプリとして寝室の暗闇で活躍。

小さな映画館


プロジェクタ (1)


娘(長女)も姪っ子も、ベットの上でみる大きな画面のしまじろうの映画(PrimeVideo)に大興奮。


安価なプロジェクターの欠点は、昼間だと殆ど見る事ができないって事くらいかな。

何か遮光のカーテンでも導入しようかな。

そんな、小さな映画館をつくって、娘と戯れた日。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!