屋根裏やベランダでも遊べるようにしたり、


玄関の前に小さな砂場を作ってみたり、


幼稚園が休園で、家にいる事が多くなった娘のために、次の遊び道具。

耐荷重65〜70kgの突っ張り棒


直径32mmで寸法が70cm〜120cmの、太目の突っ張り棒。
突っ張り棒 (1)


2,380円

突っ張り棒だけだと、間違いなく落ちてしまうので作ろうとは思わなかったけど、この落ちない君があれば、出来そうだ。
突っ張り棒 (4)


大人がのっても大丈夫な室内ブランコ。

パイプ径が32mmのこの突っ張り棒は、普通に使ったら65kg〜70kgまで耐えられる。
突っ張り棒 (5)


突っ張り棒が落ちない君(大)


さらに、突っ張り棒が縦にずれおちてしまうのを防いでくれる突っ張り棒が落ちない君。
突っ張り棒 (2)


500円程

・・・ポチった時は800円程したのにな。


この突っ張り棒が落ちない君を使うと、突っ張り棒の耐荷重が最高で150kgまで上がってくれるすぐれた商品。
突っ張り棒 (3)

しかも、ホッチキスをつかって留めるので、外した後も傷が目立たない。


こんな感じで、普通の石膏ボードの壁にホッチキスで留めるだけ。
室内ブランコ (5)

ホッチキスも180度に開くタイプ(180度ひらかないと、うまく打ち込めない)だったら、普通のホッチキスでOK。

ホッチキスの針25本で留めたら、カバーをしてしまえばOK。
室内ブランコ (6)

突っ張り棒落ちない君を1セットしか購入しなかったので片側1枚だけど、ここは2枚にしておいた方が、前出の突っ張り棒の耐荷重を有効につかえそうなので、いずれ片側2枚にしよう。
(突っ張り棒落ちない君の面積より、突っ張り棒側の接触部分の面積が大きいので、耐荷重が少しおちてしまってるはずなので。)

室内ブランコの設置場所は3階の廊下


階段を上がって、3部屋の扉がある単なる廊下。
設置場所はどこでもよかったけど、高耐荷重な突っ張り棒が使える適度に狭い場所で、子供が安全に遊べそうって条件と、ブランコを吊るしておいても生活に支障が出ない場所といった条件だと、ここしかなかった・・・
室内ブランコ (7)

がっちりホールドされてて、耐荷重が150kg(あくまでもものをかけただけの縦に力がかかる場合)な横棒が完成。
室内ブランコ (8)

突っ張り棒落ちない君をもう1枚追加したら必要なさそうだけど、万が一横にずれそうになった時に、ちょっとは気休めになるかと、虫ピンで横ずれを防止。
室内ブランコ (9)

試しに大の大人がぶら下がって懸垂をしてみたけど、まったくびくともしない、頑丈さ。

室内ブランコは素材が柔らかい物をチョイス


様々なタイプのものが売ってるので、好みのものでOK。


今回選んだのはヤフオクでうってた素材が柔らかいやつ。
廊下に設置するので扉にあたったりして、扉に傷がつくのもあれだし、なにより子供が転んだ時に頭にあたったりした時の衝撃が少なそうってところ。

見た目的には木製のものが合うんだけどな。
あたったら痛そうだし。

そんな訳で、送料込み2,900円で届いた。
室内ブランコ (3)

どこかに吊るして使えるセット。
室内ブランコ (4)

室内だけじゃなく、室外だったり、庭に大きな木があれば気に吊るしたりもできる。

室内ブランコが完成


突っ張り棒落ちない君をもう1セット追加したいなーと思ってはいたけど、家にブランコができてしまったら、ブランコ好きな娘が遊ばない訳がない。
室内ブランコ (1)

姿見の鏡を置いてあげたりして、ブランコスペースが完成。

姪っ子もきて、ブランコの順番待ち。
室内ブランコ (2)


パパの部屋にきて、ピアノを弾いて遊んだり、


屋根裏にあがって、おままごとをしたり、



2年前のクリスマスに、やさぐれたおじさんからもらったトランポリンも未だ大活躍。
DSC_9721


パパが家で仕事中の時に廊下でブランコを漕ぎながら話しかけてきたり、お風呂あがりにブランコで涼んでたり、室内に作ったブランコを今のところは毎日楽しそうに遊んでくれてるので、良かったよかった。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!