一体型バイオVGC-JS54FBのメモリ交換は不発に終わってしまったので・・・


Intel Core2 Quad Q9550を2,300円程で入手。


Intel Core2 Quad Q9550が2,300円で入手できるとは、時の流れははやいな。
詳細はIntel Core 2のwikiでも参照
バイオVGC-JS54FB (1)



以前に
インテル Pentium プロセッサー E6300(拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー搭載)

インテル Core2 Duo プロセッサー E7400*3(拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー搭載)

と、安価な650円CPU交換を施した一体型バイオVGC-JS54FB。




Core2 Duo プロセッサー E7400でも普通にブラウジングできる程度だったけど、防犯カメラのモニター化してしまおうと思ってしまったら、すこしCPUの性能が物足りない。

ピックのような謎の工具でグリグリと開けて裏蓋を外すのですよ。
バイオVGC-JS54FB (2)


Core 2 Duoの上位製品のCore2 Quad


Core 2 Duoの上位製品で、なんちゃってQuadコア。
バイオVGC-JS54FB (3)

E6300

E7400

にCPUを交換してたけど、部屋に転がってたE8600も試してみたけど、

E7400

E8600

は体感的に然程変わらず・・・

バイオVGC-JS54FB (4)


Core 2 Duo E7400
バイオVGC-JS54FB (6)

Core 2 Duo E8600
バイオVGC-JS54FB (7)

Core2 Quad Q9550
バイオVGC-JS54FB (8)


一体型バイオVGC-JS54FBは本体の裏蓋を外す、ボルトを外すすのが面倒。


本体カバーを外すのが面倒な位で、開いてしまえばCPUの交換はパパっと終わってしまう位に手軽。
バイオVGC-JS54FB (11)

見た目が同じCPU。
メインで使う為のマシンなら、きちんとソケットに合うかとかマザーボードに適合してるかとか調べる必要があるけど、メインで使う訳ではないので「恐らく合うだろ〜」位に適当でOK。
バイオVGC-JS54FB (9)


ノートPCとは違い、デスクトップ型と同じバネ式で固定されてるCPU。
Core2 Quad Q9550を装着して固定してしまえばOK。
バイオVGC-JS54FB (12)

CPU交換時に必須なシリコングリス。
バイオVGC-JS54FB (13)

何でも良いとはおもうけど、注射器タイプで蓋もできて保管できるのでこれがお薦め。

1〜2つ、PC用の工具箱に忍ばせておくと、急にCPU交換を思い立った時に便利。

・・・急にCPU交換をするような人がいるとは思えないけど。

分解する時は写真を撮っておくと便利


バイクもそうだけどPCを分解する時は、写真を撮りながら進めると便利。

どこに何が配置されてたのか忘れた時に、写真をみるとすぐに思い出せる。
バイオVGC-JS54FB (14)

あとは、少し手間でも裏蓋を締め切ってしまう前に起動するかどうかを確認する為に、一旦起動確認した方がいいのかな。
バイオVGC-JS54FB (15)

そんな訳で、2,300円程度なCPUに交換してみたら問題なく認識されて、Core2 Quadなマシンに早変わり。
バイオVGC-JS54FB (17)


高性能な防犯カメラのモニターが完成


メモリは4GBままだけど、そこまで重い作業をする訳でもないし、どちらかというとCPU使用率が高くなる事が多かったVGC-JS54FBが、更に快適にサクサクっと動くようになった。
IMG_3128










起動したら、防犯カメラの映像が映ってる状態にしたので、これ以上にない防犯カメラのモニターになったし、VAIO TV with nasneがプリインストールされてたマシンなので、これを使ってnasneでなんとなく録画されてる番組を流したり、ただ単にTVを見たりもできる。

なにより、普通にPCとしても使えるので、PCとしてみたら少し古臭いマシンになってしまうけど、防犯カメラのモニターとしてならめちゃくちゃ高性能なモニターができあがったな。

・・・と、自画自賛。


おわり。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!