去年に続いてまたしても水戸屋。
毎年訪れてるので、定宿みたいな感じだな。
いつものここってやつの1つだな。
ホテルニュー水戸屋 (33)

いつも、車で正面玄関まで入りこんでしまい正面からの良い写真がないので、公式の写真。

チェックインしたら、ロビーでウェルカムなお茶。


ロビーから続いてる、ラウンジから眺められる鯉が泳ぐ庭園。
ここからの景色を見てると、旅行にきたんだな〜といった感じが湧いてくる。
ホテルニュー水戸屋 (1)

XみたいなKAWAIのクリスタルピアノ
ホテルニュー水戸屋 (2)

密かに高いんだな。

解放感のあるロビー。
ホテルニュー水戸屋 (3)

この時期には最高な七夕飾り。
ホテルニュー水戸屋 (4)

娘も大喜び。

今回は紅梅亭の7階の部屋


紅梅亭以外にも白梅亭や新白梅亭といった部屋があったり、アネックス館といった少し値段を下げてお得な部屋もあったり。
ホテルニュー水戸屋 (5)

チェックインする前に立ち寄ったアクアテラス錦が丘で娘の為に購入した、海の生き物のフィギアが入った卵型の容器に入ったスライムで遊ぶ娘。
ホテルニュー水戸屋 (6)

旅情をさらに増してくれる、浴衣。
ホテルニュー水戸屋 (7)

娘の浴衣姿は可愛らしすぎる。

子供用のスリッパが用意されていて、大はしゃぎな娘。
ホテルニュー水戸屋 (8)

「名取の御湯」と称された秋保温泉


有馬、道後とともに「日本三御湯」と呼ばれる温泉。
ホテルニュー水戸屋 (9)

水戸屋には水心鏡・月宮殿・梅の粧と呼ばれる、3つの大浴場があって、夜と朝に男女の温泉が入れ替わり、温泉を沢山楽しめるようになってる。
ホテルニュー水戸屋 (10)

娘を連れて一人で温泉に入るのは大変なので、前にも利用した事がある流芳を今回も。
ホテルニュー水戸屋 (11)

外がまだ明るい時間に家族で温泉。
最高だな。
ホテルニュー水戸屋 (12)

こんな感じで子供がきゃあきゃあ騒いでも安心。
ホテルニュー水戸屋 (13)

追加料金がかかってしまうけど、小さい子供がいるなら間違いなくお薦め。

夕食までのちょっとした時間は部屋でごろごろ


夏で日が暮れるのが遅いので、温泉に入った後でもまだ明るい。
ホテルニュー水戸屋 (14)

スライムとサメさんでずっと遊び続ける娘。
ホテルニュー水戸屋 (15)

そんな姿を見ながら、お風呂から戻ってきたら敷かれていた布団でゴロゴロ。

こんな何もしない時間が至福だな。
ホテルニュー水戸屋 (16)

夕ご飯は、御食事処思いのまま


誰の絵なのかわからないけど、こんなに大きいんだし価値があるものなのかもね。
ホテルニュー水戸屋 (17)

御食事処思いのまま。
ホテルニュー水戸屋 (18)

自分で好きなものをとりに行くバイキングも悪くないけど、今回は座ってたら次々にやってくるタイプ。

メイン料理はその場で選択できる。
ホテルニュー水戸屋 (19)

こういった前菜を悪くないと思えると、歳をとってしまった感が否めない。
ホテルニュー水戸屋 (20)

写真を撮る前に娘に手を出されてしまう料理達。

・・・でも、写真を撮るより出てきたものをサっと食べる娘が正しい。
ホテルニュー水戸屋 (21)

メインの仙台黒毛和牛。
ホテルニュー水戸屋 (22)

いつもと違って、ママもパパも一緒でテンションが高い娘。
ホテルニュー水戸屋 (23)

蟹の真丈揚げが気に入ったみたいで、ソースに蟹の揚物をつけてむしゃむしゃと食べる娘をみながらのビール。
美味すぎるな。

夕食の後も、旅館での夜は続く


近くでは盆踊りや花火が上がっていたり、旅館のエントランスでは小学生が旅館から貰える花火で夏の夜をめいめいに過ごす。
ホテルニュー水戸屋 (24)

パパは友達がやってきたので、旅館のカラオケができるようなところに娘を連れていって、呑み。
カラオケ

すっぴんになってしまったママは、部屋でゴロゴロ。

娘はパパの友達が沢山頼んでくれるチョコレートやジュースでご満悦。


流石にパパの呑みにずっと付き合うのは飽きるだろうから、ママに途中で迎えにきてもらって娘は退散。
ホテルニュー水戸屋 (25)

そして、翌日に残らない程度に呑んで解散。


朝は早起きをして朝風呂


温泉にきたら、やっぱり朝風呂。

娘は寝てるので、ママとパパが交代で水戸屋の大きな大浴場や露天風呂を満喫。
ホテルニュー水戸屋 (26)

朝から温泉を楽しんだら、朝食へ。
ホテルニュー水戸屋 (27)

朝食はバイキング形式だけど。
ホテルニュー水戸屋 (28)

普段は朝食はとらないけど、早起きして温泉にもはいってるのでもりもり食べれるな。
ホテルニュー水戸屋 (29)

寝起き状態の娘は、あまり食べず。
ママに食べなさいと進められるがままに、寝ぼけまなこ。
ホテルニュー水戸屋 (30)

大広間や大きなレストランでのバイキングとはまた違って、料理をとったら個室へ戻れる、なんとなく変わった朝食。

個室の背中にコケが飾られたみょうちくりんな動物と、何か会話をする娘。
ホテルニュー水戸屋 (31)

そんな、少し贅沢な朝食を済ませたら遅めの11時のチェックアウトまでまたしてもゴロゴロ。
ホテルニュー水戸屋 (32)


たった1泊でこれだけリフレッシュできるんだから、次は1泊だけじゃなく、連泊してみたいな。


そんな夏休みの1日。



仙台へ遊びに行ったら、是非。
※年末年始やお盆な時期をさけて平日に行けば、サービスは変わらずに安いしね。

水戸屋公式HP


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天