自分の部屋用にRS-WFIREX3を購入


eRemote miniがキャンペーンで安くなってたからなのか、ラトックシステムのRS-WFIREX3もAmazonで4,980円と値下がってた隙を見て、ポチっと。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (1)


既に元の値段に戻ってしまったか。


1台目は寝室でエコーdotと組み合わせ
2台目はリビングでGoogle Home Miniと組み合わせ

そして今回は3台目。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (2)

「そんなに必要なのか?」

と言われると、必要は無いような気がする。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (3)

それでも、寝室では快適に家電のON/OFFができてて、リビングでは照度センサーとして使えてるし、それなのに自分の部屋にないのはなんとなく物足りない・・・

今回は設定で躓いた・・・


2台も設定してると、3台目の設定も余裕かと思いきや、かなりてこずった・・・
ラトックシステムRS-WFIREX3 (4)

これ。ファームウェアの更新。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (5)

家電リモコン(RS-WFIREX3)とWi-Fiルーターの設定完了の途中で、ファームウェアのアップデートが入ってくるので、もちろんアップデートして設定を進めるってのに、このファームウェアのアップデートを途中で行う所為で、Wi-Fiルーターとの接続が完了しなかったり、設定しても「再度接続しなおして」の様なメッセージで繋がらない状態になる。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (6)

結果、ファームウェアのアップデートはキャンセルして、先にWi-Fiルーターの設定を完了させてからの、ファームウェアのアップデート。
これで無事繋がった。

それ以外は今まで通りで簡単なので、省略。


RS-WFIREX3の使い方



スマート家電コントローラーなアプリを導入しておけば、これで3台のRS-WFIREX3を管理できる。

家電リモコン・・・寝室
リビングリモコン・・・リビング
部屋リモコン・・・自分の部屋

ラトックシステムRS-WFIREX3 (7)

名前は好きに変えれるので、好きな名前を付けた方がいいけどアレクサやグーグルが認識しやすい名前にしておいた方が後々楽。

何気に使えるのが、温度・湿度・照度の簡易センサー

寝室は3階の陽当たりの良い部屋なので、エアコン無しだとこんな状態。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (8)


リビングは寝室より4℃低い。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (9)


自分の部屋も陽当たりの良い3階なので、こんな感じ。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (10)

スマホで外出先から更新できるので、照度をみれば部屋に灯りがついてるかどうかがわかる。
温度をみれば、エアコンがつけっ放しかどうかもわかるしね。

外出先からエアコンをON


登録しておいた、エアコンボタンを寝室・リビング・部屋とそれぞれ押しておけば、帰宅する頃にはきちんと涼しい家になってる。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (11)


1日中つけっ放しでも電気代が然程変わらないとか何とかあるけど、何となく不要な時は消したい派は間違いなく便利。

温度・湿度・照度は簡易的なものなので、バッチリ数値通りの温度なんかにはなってないけど、温度が上がった下がったはわかるので、エアコンをつけて温度が下がってる事もわかる。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (12)

もちろん、外出先からじゃなくても、2階のリビングから3階に上がる前にエアコンや照明をONにするような使い方もできる。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (13)

便利だな。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (14)

エアコンが本当に動いてるか確認


自宅に戻ると涼しい(そもそも家族がいると、帰ったらエアコンがついてるけど・・・・)ので、確認するまででもないけど、エアコンが稼働。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (15)

寝室もしっかりとエアコンが動いてる。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (16)

自分の部屋につけたウインドウエアコンももちろん。
ラトックシステムRS-WFIREX3 (17)


エアコンや照明以外にも、もっと様々な使い方ができるので暇な人にはお薦め。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天