毎年晴れる8月15日。
R0015399

今年は混み合う大東亞戰爭終結ノ詔書玉音放送の時間帯を避けて、少しは涼しくなってる時間帯に。

「目もくらむばかりの失望に撃たれた」

当時の東郷外相の言葉。
R0015397

開戦までに至ったその失望の大きさ考えたりしながら参拝。

震災や福島の原発問題で平和と平和惚けとの違いに気づく人が多くなるのかとも思ったりもしたけど、南海泡沫事件の様に、バブルが弾けた後にあれがバブル経済に浮かれていた事に気づくのと一緒。
平和も弾けたりしない限り、あれが平和だったと気付かない人が多いんだろう。

緩く続く平和の中で惚けていくのは仕方ないのかもしれない。
でも、環境や教育で惚けてしまうのはどうなんだろ。
R0015398

情報の真偽を見抜く能力としてメディア・リテラシーを知る人が増えてきてもいるので、和風細雨に見守るしかないのかな。