バッテリー上がりでプラキャンに行けずでも書いたとおりに、バッテリーが上がってしまたので充電してみた。

こんな時に役立つのがバッテリー充電器

ある程度のバッテリーあがりなバッテリーなら、見事に復活してくれます。

まずはサイドカバーをガクガクっと外していきましょう。
STEEDのサイドカバー

STEED600のサイドカバー外し

STEEDのサイドカバーは簡単に外れます。


サイドカバーを外したら、ヒューズボックスの裏側のバッテリーが納まってるカバーを外していきましょう。
スティードのバッテリーカバー外し

+ドライバーでボルトを2本程緩めれば外れます。

出てきたバッテリー。
スティードのバッテリー


ここでも詳しく書いてるので、参考にどうぞ。
スティードのバッテリー交換

この、−側が外すのが面倒臭い。
スティードのバッテリーのマイナス側

移設したいような気もするけど、移設する場所がないから暫くはここでいいや。

STEED600
スティード600の左側

車検の為にノーマルマフラーに戻していたマフラーを、マシンガンマフラーに変えようとノーマルマフラー外し。
すてぃーどのノーマルマフラー

エキパイの根元のフランジボルトをシャキシャキと外すと、簡単にマフラー外れます。
STEEDのフランジ

マフラーレス
STEEDのノーマルマフラー外し

マフラーを外したら、古いガスケットも外すべし。
スティードの古いガスケット

新しいガスケット。
STEEDの新しいガスケット

フロント側とリア側では、ガスケットの大きさが微妙に違うので購入する際は注意。

そんな作業を小一時間程行ったら、マシンガンサイレンサーなSTEED600に変身。

動画で何となく音を感じで下さい。

おわり。