『最近何してるの?』

なんて言われるけど、相変わらず支出な日々ですよ。

暇だからネットを徘徊してたら、USB-LANコンバーターなるものが気になりだして、i-o DATA USL-5Pを購入しようとオークションやら楽天やらで物色してたりしたのですよ。

通常通り仕事をしていたらネットで購入したのに、暇を持て余してたので大手な家電店へ足を運んで物色。

狙ってたUSL-5Pの在庫がないらしく、お店に置いてあったのは類似品のcorega CG-HDLA
USBハードディスク用LANアダプタらしいです。

USL-5PがUSB-LANコンバーターの中ではシェアがNo.1らしいからそれを欲しかったのに、coregaになると5千円も安く購入できちゃう(・∀・)

『値段が2/3程度って事は、何か機能が劣るのか?』

と、訝しく思い店員さんに質問。


・・・


・・・


・・・


『機能は殆ど同じで、メーカーの違いと見た目が違いますね。』



だって(;´Д`)

求めてる回答を頂けないのは解ってたけど、しょうがないか。
corega CG-HDLA

で、ネットで購入しちゃえばUSL-5Pが店頭でHDLAを購入するのと同じような値段で買えるのを理解しつつも、

『持ち帰って、設定とかしたい(*´Д`)ハァハァ』

なんて衝動に駆られて、coregaを衝動買い。
コレガCG-HDLAとWZR2-G300N

早速WZR2-G300Nに繋いでみた(・∀・)ムヒョヒョ



USB-LANコンバーター
USBハードディスク用LANアダプタ

が何を出来る代物なのかと言うと・・・
USB外付けHD

USB接続の外付けHDを、LAN経由で複数のパソコンから共有できる便利なブツなのですよ。

デスクトップPCだけをメインマシンとして使ってるならそんなに必要ないのかもしれないけど、ノートPCを何台か使ってたりすると、デジカメのデータやら音楽のデータを共有できる外付けHDがあるととても便利なのですよ。

USB2.0より、転送スピードは全然遅いけど、初回の読み込み以外はストレスなく使えるからね。

・・・とか何とか言ってみたものの、1台目のノートPCの設定は問題なく終了して無線LANな環境で音楽データを再生出来る様にもなって快適になったんだけど、2台目のノートPCはデバイスとして認識しているものの接続しようとしても巧く接続が出来ない(;´Д`)ナンデダ?


そんなこんなしてたら、WLI3-TX1-AMG54が届いた( ・∀・)
WLI3-TX1-AMG54

これは、無線LANイーサネットコンバータで有線のLANポートしか付いていない様な家電製品に繋げると無線LANとして利用出来る便利な代物。
無線イーサネットコンバータ

HDレコーダーがルーターから離れた場所にあったので、LANケーブルで繋いじゃうと配線の取り回しが汚くみえるな〜なんて思ってたら発見した訳ですよ。
コクーンと合体

某オークションで4千円チョイだったので、長いLANケーブルを購入したと思えばそんなに高くない買い物だったな。たぶん。
これはほとんど設定入らずで、家電製品を無線LAN化出来るので良いね。


ここまで色々やっておきながら、

『PLCの方がスピードも速いからそっちにしておけば良かったかな?』

と考えたりもしているのでした。