以前に無料(*´Д`)ノで書いた、audio-technica AT-PL30×2台を引き取りに来てくれたスティード乗りの黒テープ君(仮名)。

SlowRider(スローライダー)2周年-in大江戸温泉物語-の当日に、自宅近くのコンビニ前で朝帰り中を発見されてしまい、そこで初めて会話を交わした訳ですよ。

そんな黒テープ君のスティードがこれ(・∀・)
スティード400

フラットフェンダーにソロシート&ピリオンシート。10cm程ロング化された纏まったカスタムのSTEED。


どうやらこのスティードに、余ってる配線を利用してストロボライトを着けたかったらしく、レコードプレーヤーを渡すついでに配線をイジってみてストロボライトが点灯♪

STEEDのアースは大抵が緑色なので、アースが余ってなかったらフレームにアースを直結致そう(・ε・)フム

そんな訳で、ストロボライトが点灯し始めたら取り付け作業を開始。

取りい出しだる道具は、カッターと黒テープ。

・・・( ゚ρ゚ )ソレダケ?
ストロボ

配線の保護に黒のビニールテープはかなり役立つけど、ストロボのスイッチやらシガーソケットやら、それらの配線全てを黒ビニールテープでテキパキと取り付けていく。

下書きをしない画家の様に、キャンパスに絵を描くが如く取り付けていく。

そんな訳で、リア側のフレーム裏・ソロシート下・エアクリ下辺りにストロボを取り付け完了。意外といいね(・∀・)・・・取れなきゃw

セイのSTEEDの様にリアボックスが着いてたり、シーシーバーが着いてるスティードのリアシートに括りつけていくならまだしも、黒テープ君は近所に買い物に来たおばさんが如く、大きめのバックへAT-PL30×2台を詰めて颯爽と去っていきました。

なんだか、嵐の様な出来事だったな( ゚ρ゚ )
差し入れ

そんな黒テープ君からビール数本の差し入れ(・∀・)

いやー解ってるね。

真夜中に、黒いテープとカッターを持って何かグルグルと巻きつけている怪しい人を見かけたら、彼かもしれないので声をかけてみて下さい。