国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム〜セイのブログ〜なんてタイトルにしてるブログですが、この度HONDA XL250Sのレストアをしてみようかと・・・

こいつが現在不動中のXL250S。
XL250S

シートは外した状態デス(・∀・)
XL250S横



セルなしのキックスタートのバイクで、取り合えずキーを回してキックをしてみるけどエンジンはかからない(・ε・)

プラグコードとプラグを外してみて圧縮があるか確かめてみたけど、問題無し。
プラグコード

取り合えず、プラグを交換してみた。
プラグ

プラグが4本も必要なSTEEDと違って、1本でいいので楽チン。

火花のチェックをしてみると、火花は全く散ってない。
キャブのOHなんかの前に、まずは火花が点く様に致そうと思い、点火系のチェック。

CDIは問題無さそうだし、配線も外れたりしてそうな場所も無い。

色々調べてると、問題の有りそうなパーツを発見(・о・)
イグニッションコイル

イグニッションコイル。樹脂製のイグニッションコイルが割れて皹が入ってる。
イグニッションコイルが駄目になってれば、エンジンがかかる訳がない。

まずはこれを入手しなきゃならないんだけど、Xl250Sは古いバイクの上、XL250Rなんかよりもマイナーな車種。某ヤ○オクでも、時期によっては全くパーツが出てないってのに、今回は安価で程度の良さそうなイグニッションコイルが出ていたので、早速落札。

届くまで暫し待たねば・・・

そんな訳で、前オーナーの趣味でつけていたロボハンを外したりしながらスロットルワイヤーのグリスアップでもしようかと思ったら、戻りのスロットルワイヤーが切れてる(-Д-)
戻りアクセルワイヤー

まぁ、戻り側だったのでワイヤーレスでも問題ないからこれは後回し・・・

チョットだけ磨いて、シートを戻して取り合えずはこんな形なのです。
XL250S全体


さぁ、これは動くようになるのかな・・・

『スティードのブログなんじゃないの!?』
と思って見に来てる方々、スイマセン(;´Д`)

まぁ、STEED600も適度にカスタムしてUPしていくので宜しくデス。