パワーフィルター化したスティード。
パワーフィルター化STEED

ネック下のエアチャンバーが取れてスカスカでなかなかカッコイイ(・∀・)♪

ノーマルのエアクリに比べて吸気が大きすぎるので、パワーフィルターの半分程を赤いビニールテープで塞いでみた図。
パワーフィルタービニールテープカスタム

半分塞いでも、吸気は大きかったみたい(-Д-)


メインジェットの番数をあげれば、パワーフィルターのままでも良かったんだけど、最近の不調の原因がキャブでは無くフロント側のプラグの火花が飛ばないい所にあったので、パワーフィルター&ノーマルキャブを外す事に致しました。
パワーフィルターカスタム

でも今後、パワーフィルター化をする方が出てくるだろうから、写真を貼っておきます(*・∀・*)
パワーフィルターリア側

キタコの口径が50ミリのパワーフィルターを使ったけど、リア側はパワーフィルターを若干潰すように入れ込まないと収まらないので注意( ・ω・)
パワーフィルターリア側2

グニョッと軽く潰せば、きっちり収まります。

SUキャブを着ける為に、ノーマルキャブを外します。
キャブ無し

慣れてくると、キャブを外すのもものの数分(・∀・)
キャブ無し上面

キャブ無し右側

キャブがないと、もの凄いスカスカ♪


SUキャブ、ノーマルキャブ+エアチャンバー+エアクリと比べると簡単に装着出来るので楽ちん。
SUキャブフロート室

でも、フューエルホースを繋いでタンクからガソリンを流してみたら、ティクラーポンプからガソリンがドバドバと流れてくる(;´Д`)

『何なんだ?』
と思いつつも、ガソリンが変な所から勢い良く漏れてくるって事は、フロート辺りが怪しい(-Д-)

フロート室を明けてみると、フロートとがピンから外れてて機能しておりませんでした。
SUキャブフロート


フロートをフロートピンにさして、フロート室の蓋を閉じようとしたらフロート室のOリングが伸びきっててフロート室をキッチリと密封できない(;´Д`)
SUキャブ装着

SUキャブのOリングは、北川商店に発注するから、Oリングが届くまでは修理できないな(・ε・)
SUキャブ装着上面

Oリングを無理矢理押し込んでボルトでキツク締めてみたけど、若干ガソリンが漏れてくるからこのままじゃ駄目だね。
でも、セルを回してスロットルを回してみたら調子良く拭けあがる♪

Oリングを交換して、若干セッティングしたら完璧なんじゃないのかなー?

・・・完璧といいつつも、また何かトラブルに見舞われそうだけど・・・(・∀・)