8月15日は終戦記念日で靖国神社に行ってきました。
靖国神社

戦勝国によって、一時不名誉な名前を付けられてしまった英霊が祭らている神社。(既に国内法で赦されてる事を何で大々的にマスコミは流さないんだろ?)
私的だとか公的だとか不毛な論議を何年も続けてる、参拝問題。

過去を振り返るのも大切だとは思う。でも、一番大切なのはこれからの事。

首相が先人に敬意を示し参拝する事のどこに問題があるんだろ? 問題かあるとしたら、それを問題にしようとして内政干渉しようとしてくる輩。そして、マスコミ。何気なくTVや新聞を見てる人がいたら、歪んだ情報を鵜呑みにしてしまったりする。情報はお金や権力でどうにでも出来る。
真偽を見極められる眼が無いと、そんな情報にイデオロギーだって洗脳されてしまう。

靖国神社2
靖国神社3

歴史から学ばなきゃいけない事は沢山あるけど、過ちを繰り返さない事ってのは最も大切な事だと思う。
靖国問題には戦争の話が絡んでくる。だから、ここで学ばなきゃいけない事は戦いを繰り返してはいけない事。平和を願う事。
反対派は何を想い反対してるんだろ?
感情を逆撫でる? 

空

仮に大東亜戦争に日本の非があったとしたならば、それは日本だけの責任ではない。
あの時代。戦争不可避な状況を仕掛けた戦勝国。
譲歩案も提示をした日本。
戦争をせざるを得ない状況に追い込んだ国。
追い込まれた国。
巻き込まれてしまった国々。
戦争の責任がどうのこうのと不毛な争いをする姿は、あの頃と何も変わってない。
空2


色々な柵があるんだろうけど、そんなものはどうでもいい。
あの頃、戦争に関わり命を落としてしまった全ての方々の冥福を祈り平和な今日に感謝。

そして、8・15の意義、靖国の意味をしっかり受け止め参拝に行く友人にも感謝。

でも、想いを馳せるなら空いてる他の日がいいかもね。


心を豊かに。