先日赤いゴムグリップを購入したので、グリップ交換しました。
手順1 まずは今までのグリップに感謝の意を込めて黙祷。
グリップ黒

手順2 「グリップの交換ですが、すでに交換したものがここにあります(^o^)丿」と、TVの料理番組みたいな台詞を語ればあーら不思議(゜o゜) もう、グリップが交換されちゃいました。
グリップ赤1


・・・いやいや、こんな説明じゃバイクサイトとして失格ですね(-_-;) グリップ交換は【くれ5−5−6】のような潤滑剤を用意して、−ドライバーがあれば交換できます。
純正のグリップは大抵ハンドルに接着剤で取り付けされてるので、細めの−ドライバーをグリップとハンドルの間にさしこんで接着剤を剥離して5−5−6をノズルを付けて噴射すれば簡単に外れます。
スロットル側はスロットルワイヤーが繋がってるので、そこも外してから作業して下さい。取り付けは外すのと反対の作業で付いちゃいます。
グリップ赤2
んん〜(^v^)微妙かなー。ゴムグリップ。本当は真鍮のゴールド系なグリップが欲しかったんだけどなー(^o^)