セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

タグ:BEER

DRINXから荷物が届いた(・∀・)
496 (1)

続きを読む

サイゴンでランチをした後は、フュージョンで登戸までプチツーリング。

・・・10分もかからず到着。ツーリングと呼んでいいのか?

そして、何年も前から気になっていたcraftbeer-moonlightへ。
ユニケグ方式を用いて小規模なスペースで地ビールを作ってる醸造所なのですよ。
R0021526

左側の扉が閉まってる方はPUBレストラン。醸造所で作られた至極のBeerが飲める。そんな場所。
右側のオープンスペースではお土産用のBeerを買えたり、Beerをサーバーからテイクアウトできたりとそんな場所。

もちろん、バイクで行ってしまったのでお土産用のBeerを購入。
・・・で川崎市立図書館が近くにあったので紙の匂いを嗅ぎに立ち寄って、登戸は終了。
続きを読む

イタリア最古の歴史を持つビールメーカーのビール、モレッティビール。
BIRRA MORETTI

後味は爽やか。
まぁ、特徴といえばラベルのおじさん位かな。

これは名古屋の金しゃち。
金しゃちビール
P1080788

ジャパンビアカップなんかでも金賞をとった、味が認められてるビール。
赤ラベルを飲んだけど、他にも色々なラベルがあるみたいだね。

で、TAIKO ALE。
楽天でも売ってる太閤エール(・∀・)
TAIKOALE

豊臣秀吉が飲んだと思われるビ−ルを想像して造られたらしい。
いきき地ビールなんて富山の会社が作った、粋なBEER(*´Д`)
結構飲みやすいBEERだったけど、どの辺りが太閤なのかは謎でした。

自称・ランチをしながらBEERを飲もうの会へ行って来ました。
青空

BEER日和(・∀・)
カラっと晴れた空と適度な湿度。


そんなBEERとは全く関係ないけど、家の下に咲いてた花。


蝶が舞ってたけど、いいね。
優雅。

ランチにBEERをする位に優雅。



続きを読む

こんなサイドビジネスを行ってるお方の、卒業式と銘打った飲み。
プラグあります

モヒカンが主役だから、柄の悪そうな方が集まる(・∀・)w
うんこ座り



続きを読む

マイナーな酒屋さんでBEERの湘南ゴールドを発見。
湘南ゴールド

湘南ゴールドを使った、フルーティーなBEERなのですよ。
まぁ、酒税法の関係で発泡酒な扱いですが・・・

みかんの香りが口に広がって、なかなか美味しいね。
最初の1杯や、BEERに飽きてきたけど最後にもう1杯なんて時に良いかも。
湘南ゴールドを楽天で購入(1本)
湘南ゴールド】を楽天で購入(6本セット)


これも、どこかで購入してたHoegaarden Grand Cru(ヒューガルデン グランドクリュ)。ヒューガルデンは結構色々な種類があるのかな?
ヒューガルデン グランド クリュ

前に飲んだヒューガルデンホワイトと違って黄金色。
ホワイトの方が好みだったような気がするけど、呑み比べてみねば( ・∀・)モヒョヒョ

ホワイトビールで有名なヒューガルデンホワイト
ヒューガルデンホワイト

飲み味が柔らかいので、ビールの苦味が苦手な人にもお薦め。


更に、COEDOビールが売ってたので買ってみた(・∀・)
COEDO





続きを読む

こんなBeerを入手。

小西酒造が取り扱ってる、ドシャス・デ・ブルゴーニュ。
ドシャス・デ・ブルゴーニュ

酸味がきつめな、ワインの様な味がするBEER。
ドシャス・デ・ブルゴーニュ

330ml瓶のドシャス・デ・ブルゴーニュを飲んだけど、750ml瓶の方が酸味が押さえられててまろやかとの噂を聞いたので、ワインの様な酸味が苦手な方は750ml瓶を購入した方が良いかも。

ワイン好きには美味しい味の様な気が致します。

田沢湖 湖畔の杜ビールのあたためて飲むビール(・∀・)♪

『あたためて飲むって不味そー(;´Д`)』

と思いつつも、ネタになりそうなので購入。
hotあたためて飲むBEER

湯煎で熱燗か、レンジでチン。

湯煎は面倒臭かったので、レンジでチンしましたよ( ・ω・)ウホーイ
あたためて飲むビール

暖めたら、炭酸がシュワシュワと抜けてまろやかな見た目。

飲んでみると苦味が増してる様な気が・・・

公式HPには、生チョコレートをつまみながらとかレモンを絞って蜂蜜を加えてとか書いてあるけど、生チョコが合いそうだね。

冷蔵庫に忍ばせておいて、寒い日に帰ってきたらレンジでチンして生チョコをつまみながら・・・なんてのがいいのかも。
※ちなみに暖かい日に飲んだので、然程・・・

香りが良い、よなよなエールビール。
ヨナヨナエール

暇な方は、よなよなエール公式でも覗いてみて下さい。


続きを読む

↑このページのトップヘ