セイ生活

The beginning is that day. Records for myself.

タグ:向日葵

フェスは音楽だけじゃない。

って事で、車でバビューンと北杜市明野サンフラワーフェス2016へ。
明野ひまわり畑 (1)


成田ゆめ牧場で向日葵をみたばっかりだけど、場所を変えてみるのも悪くないよね。
続きを読む

燈涼し夜を過ごし、夏が終わる匂いを感じに向日葵を見に行きました。
ひまわり

去年の深大寺で夕涼みや一昨年の昭和記念公園


ひまわりは夏を感じさせてくれるけど、
夏が終わる匂いを伝えてくれる花だな。


問いかけられ思い出した事を、また忘れないようにしよう。


ローソンのレジの脇に無料で貰えるミニヒマワリの種を発見(・∀・)ウホーイ
ミニヒマワリのたね


ローソンの公式HPからは記事がなくなっていたので、Googleのキャッシュから引用。

--------------------
90万名様に「ミニヒマワリのたね」プレゼント

2006年05月15日

 株式会社ローソンは、環境保全・社会貢献活動の一環として、5月21日(日)に全国のローソン=8,339店(2006年4月末現在)等で「ミニヒマワリのたね」プレゼントや、富士山での森林整備活動を実施いたします。


  ローソンでは、環境保全・社会貢献活動の一環として1992年9月から全国の店頭でローソン「緑の募金」を展開し、寄せられたお客さまの善意は、(社)国土緑化推進機構を通じて国内外での緑化活動に幅広く活用されています。 ローソン「緑の募金」の累計額は20.4億円(2006年2月末現在)、これまで支援した緑化活動は国内外1,340箇所、面積は4,100haにおよび、植樹や間伐などの手入れをした木の本数は1,000万本を超えるまでになりました。

 ローソンでは、この活動のシンボルとして2001年より毎年5月の第3日曜日を『ローソン 花と緑の日』と設定しました。6回目となる今年は、日頃の感謝の意を込めて全国の店頭等で「ミニヒマワリのたね」を90万名様にお配りいたします(日本国内の森を育てるため、台紙には国産材の間伐紙を使用)。また、平成8年の台風17号による富士山の被災跡地34haを豊かな森に復元するため、「富士山ローソンの森」として毎年、「花と緑の日」に加盟店オーナーや本部社員、家族などが参加し、森林を育成する活動を実施してまいりました。今年はさらに地域を拡大し、ヒノキ800本の植樹を行います。

 ローソンでは、「花と緑の日」とともに、今年より新たに学校に木を植える活動や、国産材を使用して森を育てる「木づかい運動」(3.9GREENSTYLE)の実践により、生物にとってかけがえのない財産である森林を守り育ててまいります。


「ローソン花と緑の日」実施概要

◆実施日
2006年5月21日(日)
*毎年5月の第3日曜日を設定

◆内容
1.店頭で花のたねを無料配布
日  時:2006年5月21日(日)から
展開店舗:全国のローソン店舗等
内  容:各店先着100名様(合計90万名様)に「ミニヒマワリのたね」をプレゼント。台紙の2次元バーコードから当社携帯電話サイトにログインいただければ、グリーティングカードもさしあげます。

--------------------

2006年から行ってたみたいだけど、気付かなかったな(*´Д`)ザンネン

夏風邪をひいてしんどいので、そのうち育ててみよ〜っと。

前に行った昭和記念公園の向日葵の様に、綺麗な向日葵が咲けばいいな。




太陽を連想させる向日葵。
『好きな花は?』

と聞かれたら、向日葵って答える人が多そうな向日葵。

今年は見に行けなかったけど、昭和記念公園の向日葵

ヒマワリに花言葉も色々付いてるけど、いつわりの富なんて花言葉もあったりする。

ギリシャ神話には、太陽神アポロンに恋いこがれ、彼を見つめ続けた少女の化身といった説も在る。


前置きは長くなったけど、近所の散歩道に未だに咲いてる向日葵が在る。
向日葵

初めのうちは、

『温暖化とか、色々狂ってるから枯れ忘れて咲いてるんだろーな(^-^)』

なんて思ってたのに、こんなに寒くなってもまだまだ咲いてる。

『造花かな?』

なんて疑ったりもしたけど、きちんと枯れ始めてる。



銀杏散る季節外れまで、何を想い、誰を見守ってるんだろ?
この向日葵。

昭和記念公園に色々な種類の向日葵が見れる場所があるって事で潜入してきました(^.^)

ゴッホ・ゴーギャン・モネ・ムーンウォーカー・ピーチパッション・ロシア・ステラゴールド・ココア・アースウォーカー・小夏 等、色々な種類の向日葵(^.^)
説明は面倒臭いので写真だけUP

大きめの画像でUPしてるので、クリックで拡大できます。








続きを読む

↑このページのトップヘ