セイ生活

The beginning is that day. Records for myself.

タグ:ラーメン

べんてん つけ麺 〜高田馬場〜
べんてん 塩ラーメン 高田馬場
べんてん つけ麺 つけチャーシュー 高田馬場
べんてん ネギつけ(ネギつけ麺?) 高田馬場
べんてん つけ麺 高田馬場
べんてん つけ麺 高田馬場
べんてん ねぎつけ 高田馬場
等々と、10年程前にハマっていた高田馬場に存在した、思い入れのあるラーメン屋さんべんてん。

そんなべんてんの味を完璧に再現した早稲田のとしおかに並んで食べたのが半年くらい前。

好きだったものが復活する年だな。今年は。
べんてん (1)

成増。
続きを読む

起きたら、チェックアウトの時間間近。

竹竹がホテルから歩いていけそうな距離にあったので、向かってみたら冷房か何かの入れ替え工事をやってて、休み|д゚)グホッ

致し方なく、仙台駅に戻って牛タンでも食そうかと牛タンストリートに向かうも大混雑。

どこもかしこも並んでる。


仙台って、こんなに混んでる街だったかな?


そんな訳で、朝食代わりに選んだのは2年前に行って以来の五香茄子湯麺(ウーシャンメン)。
たいらんうーしゃんめん (2)


続きを読む

惜しまれつつ閉店したべんてんの最後の弟子が開いた、としおか。
吉祥寺のつけ麺宏ちゃんもべんてんの弟子が開いたお店らしいけど、迷走したのか、べんてんとは全く違う味。


「べんてんの味を限りなく100%近く再現してるお店らしいよ」

といった、ラーメンマニアな弟の話を聞きつつも、店主が一人でお店を回していて回転率が悪く、ディズニーランドのアトラクション位に並ぶ覚悟が必要って噂も聞いていたので、なかなか行けなかったお店。


ゴールデンウィークのポッカリと予定が空いた日に向かいましたよ。としおかのある早稲田に。

炎天下の中、並ぶ覚悟でBeerとチータラを入手。
早稲田としおか (2)

ビールとチータラのセットは、べんてんの行列に並んでた頃にも良く味わった思い出のセットなのですよ。

クレームを聞き続ける夜勤が終了した足で、べんてんに並んでビール。
懐かしいな。

続きを読む

2004年に中野本店で食べた頃はそんなに美味しいと感じなかったのに、歳を食ってしまうと青葉の味が美味しく感じてしまう。

前職のオフィス近くに新宿青葉があったので、新宿青葉は何度か足を運んでたけど、近くになくなってしまうと通わなくなってしまうもんだね。

・・・で、錦糸町で青葉を見かけたので行ってみましたよ。
錦糸町青葉 (1)



続きを読む

最近、葛西に出向くことが多い。
HOME'S(ホームズ)と呼ばれる島忠があったり、イトーヨーカドーの巨大なショッピングモールが隣接していたりするのもあって、なんとなく車で辿りついてしまう。

そんな葛西にあるちばき屋。
ちばき屋 (6)


続きを読む

何度か行ってるのに、一度も触れてなかったバリ男。
バリ男 (1)

本当は、バリ男の上に出来た金子屋に天ぷら&ビールの予定だったけど、丼もの中心で単品がなかったのでアムリタ食堂へ行ってハシゴをして、巡り巡ってのバリ男。

金子屋は日本橋の名店金子半之助のセカンドブランド。
食べたかったけど、残念。

ビールを優先してしまうのですよ。


続きを読む

前に食べた時はそんなんでもなかったのに、最近味が変わったのかな?

399円とは思えない美味さ( ゚Д゚)
IMG_9663

ファミレスのバイトさんがパパっと作ってこの味か。

あっさり系のラーメンが好きな人になら、有りなラーメンかと。
24時間いつでも食べれるし。

2008年より後にきたような気もするけど、かなり久々な永福町大勝軒。

呑んで食べて、すでに何かが入る余地がないような状態での中華麺。1080円。
永福町大勝軒 (1)

・・・美味い(・∀・)。

永福町に住んでた頃には解らなかった美味さ。
あっさりとした醤油スープとふにゃっふにゃの麺。

スープが冷めるのを防いでくれる、スープに浮かんでるラード。
麺とスープの邪魔をしない、メンマやチャーシュー。なるとと刻み葱。
続きを読む

レモンラーメンなんて名前は聞いた事があったけど、忘れた頃にそんなラーメンに再開。

大島で呑んだ後に、何となく近辺で美味しそうなラーメン屋さんを探して出てきたのがここ。
りんすず食堂れもんラーメン (1)

キンキンに冷えたジョッキの生ビール。



続きを読む

2004年6月に行列に並んだきり行ってなかった、門前仲町のこうかいぼう。

おいしかった様な気もするけど、行列に並んだって事でマイナスな印象だったんだろうな。

「こうかいぼうは今までで1番だ。」

と、実の弟が言い切るので10年振りに行ってみましたよ。
26





続きを読む

秋保大滝に向かう途中に発見した、サッチャンらあめん。
サッチャンらあめん (3)

宮城県道・山形県道62号仙台山寺線で、秋保大滝方面に車を走らせると、田舎の民家が点在する場所に急に現れる鄙びたラーメン屋さん。



続きを読む

仙川のきくやつつじヶ丘の鳥次郎西永福のラーメン亭桜上水あぶらーめん等々、デートなんかでは訪れられないB級なお店。

デートで訪れられないどころか1人で行くにも勇気が要りそうな佇まいのお店な場合の相棒は、やさぐれ氏。

今回はは連雀通り沿いの中華&洋食コタン。
R0017308

バイクで向かい、通り過ぎる際にお店の外観を流し見て内心は引き返そうかと(´д`)

桜上水あぶらーめんがハイソに思える。


やさぐれ氏ですら、若干引いてる。


『今日行かなかったら二度と来ない』

そう言い聞かせて、いざ。
続きを読む

前回行ったのが2006年。5年振り。
らーめん潤

環八で車を走らせてる時にラーメンが食べたくなり、蒲田。

『もうお店自体が無くなってるかも』

・・・と、やってきたら未だ健在。
5年以上も続いてるって事は地元に定着したって事かな。

続きを読む

ラーメン国技場なんてものが閉館する位だから、仙台ではラーメンブームは下火な様な気がする程、これといったラーメン屋さんがない。

そんな中、久々な仙台でクリスロードの宗庵へ。

濃口醤油の宗庵らぁめん
宗庵 (2)

麺は細麺。
お腹が空いてたので、なんとなく醤油味は物足りない。



続きを読む



吉祥寺の音麺酒家楽々楽々に行った記事
盛りが気になるへーちゃんラーメン
噛む太麺ってのが気になるらぁめん 大山
環七の裏通りにあった時の平打ち麺が美味しかった地雷源この平打ち麺にハマってた。
渋谷の激太麺なすずらん太すぎる太麺。

全国一律890円な送料で、気になるラーメン店の味が楽しめるらしい宅麺。
宅麺の利用シーンにもあるように、宅飲みの締めによさそうだな。
続きを読む

吉祥寺の隠れ家に遊びに行き、蒼龍唐玉堂へ。
蒼龍唐玉堂

この場所にラーメン屋があるのは学生時代から知ってたけど、未だに行った事がなかったお店。

そもそも、学生の頃からこのお店だったのかは忘れたけど、とにかく常にラーメン屋が入ってるテナント。



続きを読む

2006年にひめはじめで書いたべんてん。
そんなべんてんで修行した店主のお店、つけ麺宏ちゃん。

北口の商店街を抜けて左手にすぐに見つかるお店。
バッティングセンターの手前の自転車屋さんの隣。

2011年のラーメン初めではなく、年末に行ったので2010年のラーメン納め。
2009年のラーメン納め



いっしょに行ったザキヤマさん(仮名)に、

『ここは並でも多いよ』

なんて言われたので、小つけを注文。
・・・で、トッピングのもやしも美味しそうだったけどザキヤマさんがもらしラーメン(小)を頼んでたので、ネギに変更。

『ネギのトッピングは見た目が凄いよ(・ε・)』

・・・と、ザキヤマさん曰く。



出てきたネギをトッピングした、小つけ。
つけ麺宏ちゃん

ネギがもっさり。葱好きにはたまらないだろうな。
つけ麺宏ちゃん (4)

ネギに隠れてるけど、小にしたはずな麺も普通に多い(゚д゚)
続きを読む

2008年は新化勝軒といった店名で営業していた聖蹟桜ヶ丘のラーメン屋さん。

南大沢までツーリングした後に再訪。
新化勝軒の店名だった頃は路地裏にあったお店が、今は大勝軒の名前で大通りに面した場所へ移動。

大勝軒らしいラーメンを出してる傍らで、「新化」と銘打ったラーメンとつけ麺を出してます。
大勝軒らしいラーメンをこのお店で食べた事はなく、毎回新化ばかり。

そんな新化のラーメンの野菜増しがこれ。
聖蹟桜ヶ丘大勝軒新化ラーメン

大勝軒なのに二郎インスパイア。

続きを読む

とらの子から始まって、思い出せるだけでも地雷源よかともちもちの木井の庄茨城ラーメンツー丸永お茶の水大勝軒誠屋等と密かに続いてた、食いしん坊(仮名)とのラーメンツー。

今回は田中商店へ。

『環七と川越街道の交差点付近で待ち合わせしましょうよ(・∀・)』

なんて言われてたので、集合時間にに間に合うように走ったら待ち合わせの交差点を大幅に通り過ぎてUターン。
それでも、集合時間には余裕で間に合ったと思ってたら、環七と環八を間違えて環八と川越街道の交差点( -д-)グホッ

・・・で、集合場所を変更して合流したらニューマシンなDトラでやってきてるではないか。食いしん坊。

STEEDに乗ってて繋がったはずなのに、Dトラとフュージョンといった妙な組み合わせで現地へ向けショートツーリング。

奇しくもこの日は静岡でボンブルが開催されていたので、気持だけはボンブルW

静岡まで走ったと思えば、田中商店は近い。
田中商店田中商店 (5)

現地の駐輪場でハーレーの窃盗犯みたいな顔つきのラーメン中毒なアル中氏も合流。
続きを読む

ここに行って、閉館時間な深夜2時。
お腹が空いたって事で、深夜のラーメン。
調布の南口には深夜営業を行ってる大勝軒があるとの噂。

少し離れてるけど、バイクでブロローンと向かえばすぐ。
大勝軒 (3)


駅からチョット離れた場所にあるけど、南口を真っすぐ進んで突き当たったT字路にあります。

続きを読む

既に伝説となってしまった冷凍食品のセブンイレブンで売ってた冷凍つけ麺

レンジでチンするだけな手軽さ+130円といった価格と、呑んだ後に食べる最適な量。
密かに評価を★5つもつけてた程に、ハマた麺。

その麺を出してたのがキンレイって会社。稀にコンビニの冷凍コーナーを覗くと、キンレイの新作が出てたりするけどハマる程の当たり商品に出会わない。

最近、売り場にあったとんこつラーメン。
RIMG0032

確かに、レンジで簡単なんだけど悪くはないけどイマイチ。


・・・で、自宅に帰れば嫁飯が待ってるのでコンビニで何かを買う機会がめっきり減ってたけど、最近どこかで見つけて買っておいた冷凍麺になかなかの当たり商品を発見(゚д゚)ホホーウ

続きを読む

この界隈の大学に通う大学生@留年中(仮名)を含む面子と行った、お茶の水大勝軒。

大勝軒はバイトをした程度でも修行したとして名前をだせるみたいで、店舗によって質が全然違う。

お茶の水大勝軒は、池袋大勝軒の山岸氏の直弟子が店主で美味いつけ麺を出してる様な話を聞いていたような聞いていなかった様な感じだったけど、初めての来店。

大勝軒って、今のラーメンブームのラーメンの様な華はないけど末永く食べれる味で美味い。


今流行ってるラーメンは、確かに美味いけど何度も訪れたり何年後かにまた食べてるかと聞かれたら、たぶん食べてないだろう一発屋な味が多い。

・・・で、出てきたもりそば。
お茶の水大勝軒 (1)

麺は中太で柔らかめ。魚介系のスープで、味はなかなか。
豚骨好きにはもの足りないかもしれないけど、幅広い年齢層に受ける味。
お茶の水大勝軒

麺を硬めに注文できるなら、硬めで注文したら更に美味そう。
飛び抜けた美味さはないけど、また数年後に食べれる味だね。

カレーラーメンなる気になるメニューがあったので、今度食べに行ってみよう。


お茶の水大勝軒 ( 神保町 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

靖国神社へ参拝した後は、車でDRIVE。

車で最後に寄った場所は中目黒の三ツ矢堂製麺

『帰りは宜しくね〜( ・∀・)ノ』

と、嫁に運転をあずけて三点盛りとBEER。
三ツ矢堂製麺

中目黒の駅前をチョットだけ入った路地裏風の立地のテラス席でのBEER。
いいね。
三ツ矢堂製麺 (1)

チャリで来れる範囲に住んでるなら、チャリできてテラス席がお薦め。



続きを読む

『つけ麺を食べたい』

と、雨の中やすべえへ。
チェーン店ながらに、美味しい麺が食べれる。スープは甘めのスープなので好みが別れる。
やすべえ (1)

プリプリで美味い。大盛りまで無料。
やすべえ

へたれなので中盛り。

前の会社が新宿にあったので良く通ってたから


『久々だな〜』

と思いつつも、今の会社のすぐ近くにも実はやすべえが在ったり(*´Д`)


既にお腹が一杯な状態で行ったので、味が良く判らなかったな。


つけ麺屋 やすべえ 新宿店 (新宿/ラーメン一般)
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

ズーマー乗りがやってきて、野猿街道の二郎の話をしてたらラーメンが食べたくなってきたので魔女のカレーにでも行こうとしたら閉まってた(;´Д`)アァ

隣の仙川二郎も閉まってる(;´Д`)オオゥ

そんな訳でモバイルGoogleマップを活用して、行った事がなかったラーメン屋さんへ。

その名はめでた屋。
急行も停まらない駅なのに、自由が丘に似た雰囲気を醸し出す仙川。

仙川劇場がある、こ洒落た通りのアベニューの一角にめでた屋を発見( ・∀・)フムフム
支那そばめでたや (3)

お店に入る前から、魚介系な香ばしい香りが漂う。


続きを読む

平日の昼下がり、九段下の斑鳩へ。
斑鳩と書いてイカルガと読みますよ。

斑鳩へ行ったのは数年ぶり。


やたらとメディアに持ち上げられてて、行ってみたけど普通に美味しいラーメンが普通に出てくるって印象しか残らなかったお店。


そんな印象だから、足は遠のいてたけど今回はたまたま立ち寄って食べてみたら当たり(・∀・)
斑鳩坦々麺

今回頼んだのは平打ち坦々麺。

斑鳩はオーソドックスな醤油ラーメンが美味しいはずなんだけど、陽気な天気が

『坦々麺食べたい』

と、そんな気分にさせてくれました。

続きを読む

↑このページのトップヘ