セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

タグ:ジャイロX



こっちへ移行しました。


陸運局と呼ばれる多摩自動車検査登録事務所へ。
R0020348

ミニカー登録や普通に原付での登録であれば、近所の区役所やら市役所でOKだけど、このジャイロは軽二輪登録なので、陸運局まで足を運ばなきゃいけないわけですよ。続きを読む

チャンバー交換をしてから、ノーマルマフラーに戻してみたり、リアボックス交換等を施したりしたものの、フュージョンに活躍の場を奪われて暫く放置されてたジャイロX。
ジャイロX (2)

久々にエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからない。



続きを読む

余ってたリアボックスを取り付けてたジャイロ。
R0012395R0012390

鍵が1本しかなく、合鍵を作ると新しいボックスが買えてしまいそうだったので合鍵を作れる様な金額でリアBOXを購入。

続きを読む

余ってたリアボックスを取り付けてたジャイロ。
R0012395R0012390

鍵が1本しかなく、合鍵を作ると新しいボックスが買えてしまいそうだったので合鍵を作れる様な金額でリアBOXを購入。

ボルトをクルっと回してチョイチョイっとやれば、ボックスは取り外せる。
R0012396R0012402

NEWなボックスにはBOXを取り付けるベースも付いてきた。
安いのにいいね。

ベース付きなので、キーを捻るとベースからボックスが取り外せる(・∀・)
安いのにいいね。
R0012407R0012412

今まで使ってたボックスはフルフェイス1個しか入らなかったので、容量もUP。
R0012424

フルフェイスが2つ入る大容量。
安いのにいいね。
半ヘルなら3~4人分は入る。ジャイロを3人乗り登録にしようかな(・∀・)
R0012411

そんな訳で1900円のリアボックスの取り付けでした。
本当に安いな。中国(たぶん)クオリティ恐るべし。

キックギア交換の最後に触れた、ARRI RACINGのチャンバーを入手。
ジャイロチャンバー交換ジャイロチャンバー交換 (1)

甲冑の芋虫みたいなチャンバーだけど、ノーマル車両にポン付けで最高速が10kmは上がるとの噂。

大型なバイクでの10kmは大した事がないけど、元が原付なジャイロの10Kmは大きい。

続きを読む

ジャイロX トライク(軽二輪) キックギア交換で交換したキックギア。

キックが復活したのも束の間、左折しようとするとカタカタカタカタとキックギア周辺からの異音。

そんな訳で、タイヤを外してクランクケースを開けてみる。
キックギア調整キックギア調整 (1)

ジャイロは3輪なので、壁やビールケースの様な箱などへ倒しこめばジャッキ無しでも後輪を外せます。

続きを読む

修正:ジャイロX トライク(軽二輪) キックギア調整で、キックギアの合わせ目とバネの掛け位置を正しく変更してるので、調整も参考にしてください。


ドライブベルト交換で、クランクケースにヒビが入ってしまう惨劇が起きた後、キックが使えなくなってる事が発覚。

クランクケースを開けてみたら、キックのギアが曲がってるではないか(゚д゚)!

そんな訳で、某○フオクでキックのギアを他のギア類と纏めて落札。
キックギアキックギア (1)

右側の写真の奥が曲がってしまったギア。
手前は落札した中古なギア。
サイズ等は一緒だけど、色が違う。素材が違うのかな?



続きを読む

クランクケース磨きを行って、作業も途中だったのでドライブベルトを交換へ。
ドライブベルト交換ドライブベルト交換 (1)

使うのはデイトナのプーリー脱着ホルダ。
丸い穴にホルダの突起物を挿してプーリーの空転をおさえられる。

無くてもなんとかなるのかもしれないけど、スクーター系の整備をするなら必須なアイテム。YAMAHA専用とかHONDA専用なんてものが売ってるので、それを購入するのがいいのかもしれないけど汎用で様々な車種に使えるこいつは便利。

続きを読む

ジャイロクランクケース内部ジャイロクランクケース内部 (1)


デイトナの品番31832のプーリー脱着ホルダ&キタコのケブラードライブベルト(品番:465-1077300)を購入しておいたので、今回はドライブベルトの交換。
ちなみにジャイロの年式等によって、使用するドライブベルトは異なるので注意。

続きを読む

『世界のバイクメーカーが認めた』

・・・と書いてある、中国製であるだろう安価なバッテリー。
ジャイロXミニカーバッテリー交換ジャイロXミニカーバッテリー交換 (1)

電解液とよばれる希硫酸。
マイナス電極とプラス電極を希硫酸に浸して化学変化を起こせば、直流の電気を発生させてくれるニクイやつなんですよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ