待ち合わせは茅場町


ダーツが刺さった場所を訪れるTV番組くらいに、適当に選んだ茅場町。
焼き鳥ニューカヤバ (2)

縁も所縁もないというか、情報すらゼロ。

茅場って感じから、何となく茅葺屋根なボロい民家でもありそうな、寂れた駅前をイメージしてたのに、完全に東京のオフィス街。

キラッキラなオフィス街ではないか。
焼き鳥ニューカヤバ (1)

求めてた感じと何となく違う感は否めなかったけど、それでも茅場町を楽しむのですよ。
焼き鳥ニューカヤバ (3)

こんな川辺と赤提灯であれば、イメージ通り。
焼き鳥ニューカヤバ (4)


そして、そんなキラッキラな中央区のオフィス街の一軒目に選んだお店は、ニューカヤバ。
焼き鳥ニューカヤバ (14)

この、何とも言えない絶妙な入りにくいお店を選んでくるあたりが、実の弟。

完全に民家のビルトインガレージではないか。
焼き鳥ニューカヤバ (13)

そんな入り辛いお店は、入ったらくたびれたスーツで安酒をかっ喰らってるサラリーマンが数人いる程度かと想像してたのに・・・・


空いてるテーブルがない程、ギュウギュウ。
出来そなサラリーマンから、出来なそうなサラリーマンまで、それはもう、ニューカヤバ。
焼き鳥ニューカヤバ (5)

システムがいまいちわからない、立ち飲みの居酒屋に迷い込んでしまったので、取りあえず生ビール。

観察してると、焼き鳥を自分で勝手に焼ける焼き場があるではないか。
焼き鳥ニューカヤバ (6)

炭火で焼いてくれる焼き鳥屋さんは沢山みてきたけど、勝手に焼いてくれってパターンは都内では初だな。

いいな。このシステム。


そして、100円で焼酎が出てくる自販機。

この自販機もこのお店のウリなんだろうな。
焼き鳥ニューカヤバ (11)

悪くないな。このお店。
焼き鳥ニューカヤバ (12)

壁沿いには、沢山の焼酎自販機。
100円とか200円で、焼酎をかってについでお湯割りとか水割りとかロックとか、本当に好き勝手にやれる。
焼き鳥ニューカヤバ (7)

かん酒もある。
焼き鳥ニューカヤバ (8)

そして何となくお店のシステムを理解したので、1本100円の焼き鳥を入手して、自分で焼いてみたりするのですよ。
焼き鳥ニューカヤバ (9)

実家の庭で、夏休みになると必ずといっていいほど花火と庭で焼き鳥を炭火で焼いて食べてた事を思い出させてくれる、郷愁。
焼き鳥ニューカヤバ (10)

べろんべろんに酔って、真っ赤な顔をしてるサラリーマンも、また明日の朝からはシャキっと中央区のできるサラリーマンに戻るんだろうな。

そんな、自分で焼き鳥が焼けて、焼酎を自販機から汲んでこれる、安くて良いお店なのでした。

ニューカヤバ日本酒バー / 茅場町駅八丁堀駅水天宮前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天