セイ生活

The beginning is that day. Records for myself.

カテゴリ:デジタル機器 > i-phone

AKAI professional SynthStation25ULTRA-THIN SLIDE-OUT BACKLIGHT KEYBOARDで有効利用しようとしてるiPhone4S。

最終的にHome Streamerで監視カメラとして活用してるけど、充電がいまいち不便。

気付いたら300円のハブ付きUSB充電器をポチっと。
iPhone用3ポートUSBハブ付き充電器 (1)

レビューが不評なので躊躇したけど、300円なら・・・


続きを読む

AKAI professional SynthStation25用に使っていたi-phone4S。
ACID Music Studio 9 SONYを導入してからは、SynthStation25の使用頻度が下がっていたので、ベビーモニター代わりにしようかと。

Home Streamer Liteをインストール。Liteは無料で使える。
有料で240円程かかるのがHome Streamer
有料版は音声も使えるってところかな。
Home Streamer Lite (3)

Home Streamer Liteをインストールして、起動。i-phoneを赤ちゃんが動く範囲が写るように設置。

続きを読む

一番左が第4世代のi-pod touch32G。真ん中も第四世代の8G。一番右はi-phone4S
IMG_2620

SONY派なのでX-アプリGooglemusicを普段使ってるので、久々にi-tunesを使うとフォルダに適当にファイルを投げ込めないのが不便に感じたな(´д`)

人様のi-podに自分のPCの曲を何曲か選んで入れるのって、i-Tunesを経由して手動で入れるしか方法がないのかな?

Flangerで繋いで遊んだりするのもメインだったけど、iPhoneをDocomoの電波で使いたい。

今使ってる番号じゃなくてもいいなら、N-07Dでテザリングしてしまえば終了。
N-07Dの電波でiPhoneをWi-Fi接続して050+とか使えば、発着信端末として使える。

でも、それだと面白味がないのでこれ。
白はアクティベートカード。
赤はdocomoのXi契約のカード。
銀色とトレイとオレンジ色の基盤は下駄って呼ばれてる代物。
アクティベートカードと下駄を合わせても2000円程度。
DOCOMO (2)

下駄にDocomoのスマホから抜いたSIMカードを載せてiPhoneへ。
DOCOMO (3)

SIMを入れていない状態(アクティベートカードを抜いてるので)で、自宅のWi-Fiには繋がってる。
DOCOMO (4)

そこに、下駄+docomoのSIMをいれると暫くはこの表示。
圏外。そりゃそーだ。ソフトバンクのiPhoneだし。
DOCOMO (5)

で、1分程度、待ってこれ。
しっかりとNTTDOCOMOと、ドコモの電波を拾ってdocomoの番号での発着信ができる様になった。
DOCOMO (6)

SIMフリー端末の存在意義がなくなるよね。2000円でこれだと。

iPhoneを入手したらやってみたかったのが、ギターやベースをiPhoneに繋いでエフェクトして遊ぶ事。

Macに繋いでエフェクトをかけたり録ったりは学生時代の話。

「打ち込みが暫くは流行るけど、アナログな生音が最終的には一番心地がいい」

と謳ってた、HMVでジャケ買いではなく、CDを棚買いしていたあの外部講師は今頃何してるんだろ?

とか思い出しながら、選んだのは安価なFlangerの接続用コンバーター 。

きっとi-rigの方が有名なんだろうけど、iPhoneに繋ぐ程度ならFlangerで充分。

Flangerを選んで浮いた分で有料アプリのエフェクターを追加した方が楽しい。

そーいえば、Flangerってエフェクターが在ったけどどんな風に音が変わるかなんて忘れたな。
Flanger (3)





続きを読む

↑このページのトップヘ