セイ生活

The beginning is that day. Records for myself.

カテゴリ:STEED(他blogへ移行) > ラジエーター

どこからともなく漏れてきた、緑色の液体がエンジンヘッドに。
冷却水漏れ

確かこいつの血の色も緑色じゃなかったか?

妖怪人間ベロ

等と思いつつ、ネック下に小さな傷ついた妖怪人間が潜んでいないか探してみたけど、妖怪人間は見つからず。ザンネン(*´Д`)


代わりに、フィラーネック(ラジエーター液の注入口)辺りから緑色の液体が染み出してるのを発見(;´Д`)

サンタツーリングの前に修理しておこうと思って、近所のホンダへ部品を取り寄せて貰いに行ったら、冷却水も交換して工賃が5千円程度しかかからないらしいからパーツが届いたら交換して貰おうと待ってたのに、サンタツーまでに部品は来ずに年が明けてしまいました。

待てども連絡が来ないから、こっちから電話をしてみたら

『申し訳御座いません。パーツ届いてました。』

だって。
まぁ、人間誰だって連絡を忘れたりはする。
こんな事でクレームを出してたら、世の中のクレーム処理を仕事にしてる方々がかわいそうと思いながら、ホンダへ。

寒くて、自分で交換する気にならなかったので、ホンダへスティードを預けて徒歩って帰宅。

暫く家でゴロゴロしてたら、

『修理完了しました』

と電話。
さすが、プロ。仕事が早い。

また、徒歩ってホンダへ。
エンジンヘッド001

出来上がったエンジンヘッドを見るとピカピカ(*・∀・*)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一緒に走ってたバイクのスロットルワイヤー(アクセルワイヤー)が切れた(´Д`)
スロットルワイヤー

原因はここ。
ワイヤーの取り回しが変になってて、ハンドルを左に切った時に、ハンドルロック周辺の圧力がワイヤーにかかってたみたい・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『STEED600にしてから、やたらとラジエータが動いてるな〜(*´Д`)』

と、400のSTEEDとの違いをこんなマニアックな部分で感じてたりも致しました。


前のオーナーはラジエータ液(冷却液)はきちんと交換してたのかな?
と思いつつも、なかなか冷却液を交換する暇が有りませんでした。

ここ数ヶ月、バイクを酷使し過ぎていたので今月は走るよりも整備を重視しようとエンジンオイルの交換から整備。

うーむ( ・ω・)
このブログをダラダラと見てるだけで、バイクの簡単な整備を覚えられるなんて、なんていいブログだ(*´Д`)ジガジサン


さて、今回は冷却液の交換。

エンジンオイルの交換同様に、排出する液を受ける箱。
冷却液受け

本日は整備日和(・∀・)ウホーイ
青空

缶コーヒーを飲みつつ、のんびり整備ですよ。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

エンジンを搭載したので、エンジンオイル交換。
ジャッキアップ

エンジンを降ろす前に排出しておけば良かったのに、忘れておりました・・・(-Д-)
エンジンオイル排出

次回、エンジンを降ろす事があれば降ろす前に排出しておきます。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

エンジン降ろしの際に抜いた冷却液。←抜いてる図は写真を撮り忘れてしまいました・・・(-Д-)

バッテリーがある辺りの下にある、冷却液のサブタンク。
サブタンク

タンクといっても、ガソリンを入れる訳ではないので注意(-Д-)
サブタンク2

解り辛いけど、こんな場所にあります。

外し辛い場所にあるけど、ボルト1本で外せます(・∀・)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ネック下にカバーをしているスティードなら、まずはそのカバーを外して下さい。

セイはカバーレス。

ラジエータキャップが見えてくると思うので、ラジエータキャップを外します。
ラジエータキャップ

注意点としては、走り終わった後なんかにあけちゃうととても危険なのでエンジンが冷えてる時に作業するべし(・∀・)

エンジン下部に、ラージエータ液を受ける受け皿を設置。
受け皿は、底が浅い小さめなダンボール箱にビニール袋を2枚程度かさねて、排出した液がビニールから漏れないようにすれば大丈夫(・ε・)

受け皿を設置したら、エンジン左側の下方にあるウォータードレンボルトを緩めて外す。
ウォーターポンプドレンボルト

妖怪人間に流れてそうな、緑色の液体がサラサラと流れでてきます。
全部出てくるまで、缶コーヒーでも飲みながらゆっくり待とう。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガレージT&Fのラジエーターカバータイプ1を注文(゜o゜)
白いシールで保護されてる状態。
ラジエーターカバー1


白いシールをはがすとステンレス製のピカピカなラジエーターカバー登場♪
ラジエーターカバー2


元々ついてる純正のカバーを外して取り付けてみた。本当は純正の上に装着するのかな?
ラジエーターカバー3


ラジエーターガードと相まって、なかなかなフロントビュー。
ラジエーターカバー4


取り外したカバー(^o^) 赤色にでも塗装して使ってみようかな♪
ラジエーターカバー5


ちなみにラジエーターカバーは+ドライバー1本ですぐに外せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ