セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

カテゴリ: 車・自転車

毎日坂道もある片道15kmはしんどいな〜と購入したTB1e。


コロナの影響でテレワークが進み切って、毎日片道0Kmになったので、電動でアシストしてもらう必要も0・・・

それでも、ecoモードなんかにしてみて都内をフラフラするには最適。


なんとなく海側ばかりに行ってたので、たまには内陸。
浅草 (1)

続きを読む

紫陽花を見たり、


金鶏菊を見たり、


河津桜をみたり。



自転車で20分もあればそうはもう、海。
海のブランコ

続きを読む

金鶏菊の黄色もよかったけど、



白い紫陽花。
白紫陽花 (1)

続きを読む

新砂水門の向こう側。



夢の島緑道公園。
ここは隣接する他の区がなく、荒川サイクリングロードみたいに人が溢れてる事がない、ふらっとやってくるには辺鄙過ぎる海沿いの公園。
夢の島緑道公園 (1)
続きを読む

荒川にはサイクリングロードといった、ただ延々と走れる道が続いてる。


新砂の船着場。
荒川 (2)

災害とか救援とかそんな時に利用される場所なのかな。
続きを読む

フロントバスケットを装着して、急激にスポーティーさがなくなったTB1e。


リモートワークでチャリ通勤をしなくなり、1日中家の中で1歩も外にでない日が続いていて、これだと身体に悪いな〜と、早朝にチャリ。
ポタリング (3)
続きを読む

バイク用の電熱ウェアは、ベスウォーマーの電熱ベストが出始めた頃に購入したけど、寒い時期にバイクに乗る事が少ないというか、バイク用といった感じででてきたからいまいち不便だったからなのか、あまりつかわれないまま、部屋の引き出しの奥の奥の方で眠って数年が過ぎたので、処分。

ごめん。ベスウォーマー。

バイク用の電熱ベストは、バイクを降りた後に着回しがきかなくて微妙だから、こういったダウンの方が使いまわせて便利。

電熱ではないけど、普通に暖かくて軽い。


それとは別で電熱グローブ。
HEATECHの電熱グローブは、バイクのバッテリーから給電するタイプのものを数年使い続けてるけど、電熱グローブは使いまわしが効かないけど冬には必須なアイテム。

それでも、バイクに乗る前に線をジャケットの中に這わせて、グローブに繋いでみたりといった準備は面倒。


・・・そんな電熱系のアイテムはすでに成熟しきったというか、名の知れないブランドの電熱アイテムが世の中に大量に出回ってる。

Amazonさんで売られていた1,600円程の電熱ベストをポチっと。


1600円だったら1シーズンもってくれれば良い程度というか、数回つかえればそれでも良さそうな価格。
電熱ベスト usb加熱 Amazon (1)

続きを読む

リアキャリアを装着

フロントバスケットを装着


そんな、快適カスタムを施したTB1e。

日本橋のコレド室町の前も2月には河津桜が満開。
TB1e (1)

バイクや電車で通ってると見れないような景色に出会えるのが、自転車通勤の良いところだな。

続きを読む

通勤や通学に快適なe-bikeのTB1e。


信号でのストップ&ゴーが多い都内では、出だしにアシストしてくれるe-bikeは、それはそれは快適。

信号で止まってしまう事が苦痛にならないし、坂道だって楽々。

そんな快適e-bikeのTB1eに、リアキャリアでも取り付けてみようかと。
Tb1eにリアキャリア (1)

続きを読む

通勤仕様で快適なe-bikeのTB1e。


e-bikeのカテゴリに入れていいのかどうかは良くわからないけど、本気じゃないe-bikeって感じなのかもしれない。

そんなTB1eにステッカーカスタム。

今回は少し古いSONYのステッカーを入手。
tb1eにステッカー (1)

古くて粘着力がほとんどなくなってるステッカー。
コーティングがてらエーワンのUVカットな透明カバーフィルムをつかって、コーティング。


続きを読む

↑このページのトップヘ