GR3が欲しくなったけど、何か良いAPS-Cサイズのコンデジがないか探してみると、富士フイルムのXF10が意外と良さそうではないか。

2018年8月23日に発売されたばかりなのに、値段が暴落して4万円台。

高級コンデジの類・富士フイルムXF10


4万5千円を切ったのを発見してしまったので、ポチっと。
フジフィルムXF10 (1)


軽量で1型のセンサーなG9 X Mark IIが、小さな子供がいるパパにとってはいつでもどこでもさっと取り出せて最良のカメラなのは解ってるけど、娘が3才になって一緒に居ても多少は手が離れるようにもなったし、歩いて移動してくれる。
そして、娘と一緒に出掛けると、おむつだったりお尻拭きやおやつを入れたリュックを背負ってる事が常。

G9 X Mark IIとの比較


軽量なミラーレスCanon(キャノン)のEOS M2に関して言えば、軽量だけど結局持ち歩く事が少なくて部屋に置きっ放し・・・

レンズが交換できて、EF-MだけじゃなくEF-SやEFレンズも取り付けられるので、良いカメラなんだけど交換式のレンズが物理的に出てしまい、ポケットに納まらないから、それならミラーレスよりは多少重いけど、一眼レフの中では軽量な8000Dでいいやって話になってしまう。


左がXF10。右が最近のメインカメラといってもいい、G9 X Mark II。
G9 X Mark II (1)

この2台を撮ってるのが、スマホのSONY SO-01K
画質は悪くないけど、もの凄く良い写真が撮れるって訳でもない。

さっと取り出して撮るなら、やっぱりG9 X Mark II。
G9 X Mark II (2)

スマホはスマホで悪くないんだけどね。
常に持ち歩いてて、本当にいつでも気軽に撮れるので。
G9 X Mark II (3)

XF10はG9 X Mark IIと比べてしまうと、1回り大きい。
G9 X Mark II (4)

APS-Cサイズなのに、XF10は280gといった軽量カメラ


206gなG9 X Mark IIに比べたら多少重いけど、それでもXF10は280g。
2歳児な姪っ子でも持てる、軽量加減。
フジフィルムXF10 (2)

センサーサイズがAPS-Cサイズがどれ程かっていうと、それはもう、センサーの話だけで言えば8000Dと一緒。
EF-Sレンズクラスのカメラと同等なのですよ。
フジフィルムXF10 (3)

スマホとペアリングして、画像を簡単に転送できる機能もある。
フジフィルムXF10 (4)



液晶を保護するフィルムもポチっと。
フジフィルムXF10 (5)

開放F値2.8、焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)の広角フジノンレンズ


スマホのレンズなんかと違って、明るい。
フジフィルムXF10 (6)

ミラーレス機と違ってレンズは交換ができなくて、更にズームもできない単焦点レンズ。
フジフィルムXF10 (7)

AFが遅いといった噂も聞いたけど、使ってみたらそうでもない。
まだ沢山撮ってないので何ともいえないけど、設定次第で何とかなりそう。
フジフィルムXF10 (8)

動き回る子供を撮るなら、ズームもできてピントがきびきび合ってくれる一眼レフ入門機辺りの方が良いかもしれないけど、ポケットやバックに忍ばせられるのにセンサーサイズが大きい方が・・・って変わった人にはうけるカメラなのかな。
フジフィルムXF10 (9)


PC AutoSaveといった、撮った画像をWi-FiでPCの特定フォルダに飛ばせるPC用のアプリケーションも備えられてるので、カメラからSDカードを出してPCに転送するといった手間も省ける。
PCAUTOSAVE001


そもそもPCに転送する必要がなければ、スマホ用のアプリだけでも充分。
フジフィルムXF10 (10)

カメラの電源を切っていてもBluetooth接続もできるらしいので、そのうち試してみよう。
4万チョイは少し高い玩具だけど、娘の成長する姿も撮れて一石二鳥な趣味だから良しとしよう。

ふむふむ。


そんな訳で、殆ど使っていない軽量ミラーレスなEOS M2が不要になってしまったな。GR3が出る頃の為に、売りにでもだそうかな。

フルサイズで最軽量を謳ってるEOS 6D Mark IIも値段がこなれてきたから、欲しかったんだけど、重くて持ち出すのが億劫になりそうだから、これもまた暫く先だな。


おわり。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天