メモリを増設したピンクバイオ・VGN-CS91HS。
メモリを4GBに増設しても、CPUがインテル Celeron プロセッサー 585といった低スペックの為、普通に使うにも耐えられないモサモサ感。

CPUの使用率が尋常じゃない


メモリは増設してるので余裕があるのに、起動してブラウザを開くとCPUの使用率が100%に跳ね上がる・・・
CPU交換 (1)

少し時間をおけば多少は落ち着いてくるけど、尋常じゃないCPUの使用率。

メモリが環境だとするとCPUは頭脳といった感じなので、4GBに増設して働ける環境は良いのに、脳みそがFランク大学みたいな感じ。


そんな大した事をしていないのに、脳みそフル活用状態。

PC-VY24GXZ7Aの様に、内蔵ハードディスクをSSDに変えたとしても、脳みそがこれだと使い物にならない。

禁断のノートPC・CPU交換


ノートPCのメモリ交換は、スマホのカバーを交換するくらい容易。

でも、CPU交換に至ってはマザーボードとの相性もあるし、適合するかどうかって情報も少ないし、適合するCPUを探し出せたとしてもそれが入手し辛い等、障壁が様々。

でも、今回はSONYの公式ページ type Cのスペック情報から、VAIOオーナーメイドで同じ機種のスペック違いが注文できた事実を発見。

インテル Core 2 Duo プロセッサー T9550 2.66 GHz 1066MHzがこの機種で選べた、最上位のCPUって事が判ったので、オークションで落札。
ノートPCCPU交換 (1)

3,000円也。

古いノートPCに合う、古いCPUはオークション等で入手


CPU交換の際に必要なのが放熱グリス。
Amazonさんで500円〜2,000円くらいで購入できるけど、今回落としたCPUが放熱グリス付きだった。
知らないで購入したら、乾燥剤かと思ってしまうようなパッケージの放熱グリス。
ノートPCCPU交換 (2)

新しく入手したCore 2 Duo プロセッサー T9550 2.66 GHz 1066MHz。
ノートPCCPU交換 (3)

オークションで落としたので中古かと思ってたら、新品だった。
これはラッキー。
ノートPCCPU交換 (4)

こんな小さなCPUで動いてるってんだから、凄い。
ノートPCCPU交換 (5)


古いノートPCも頑張れば現役で使える!?


SSDの相性が悪かったのか、SSD化できずにおわって以来、不満を持ちつつもリビング用PCとしてTeamViewerでメインPCを遠隔操作。
遠隔操作してブラウジングといった歪な使い方をしてた、ピンクバイオ。
ノートPCCPU交換 (6)

弟から嫁へのプレゼントとして貰ったPCなので無下にできない。
外に持ち出して使うようなことがないので、外装も綺麗。
煙草も吸わないしね。
ノートPCCPU交換 (7)

古いノートPCを分解


バイオVGN-CS91HSの裏側。
メモリ増設で多少開けてるけど、裏蓋を剥がしてみるのは初。
ノートPCCPU交換 (8)

目で確認できるネジといったネジを全てドライバーで緩めて外す。
ノートPCCPU交換 (9)

そうするとこんな風体に。
ノートPCCPU交換 (10)

メカニカルでいいな。
ノートPCCPU交換 (11)

CPUクーラーの色もいい。
このメカニカルな感じでお酒が呑めるな。


・・・と思いつつ、CPUクーラーのネジもグリグリっと緩める。
ノートPCCPU交換 (12)


インテル Celeron プロセッサー 585 2.16 GHz 667MHz


古いCPU登場。
2009年であれば、Cランク程度なCPUだったんだろうけど、インテル Celeron プロセッサー 585 2.16 GHz 667MHzは今ではFランクもいいところ。
ノートPCCPU交換 (13)

放熱グリスが固着してる。
ノートPCCPU交換 (14)

CPUクーラー側も放熱グリスが固着。
ノートPCCPU交換 (15)

エタノールが含まれてるウェットティッシュの様なもので、固着してるグリスを拭い取るべし。
今回使ったのは、薬箱に入ってた医療用のウェットティッシュ。
本当は専用のものを購入すれば良いんだろうけど・・・
ノートPCCPU交換 (16)

CPUがはんだ付けされてる様な場合は、職人クラスの技術が必要だけど、マイナスドライバーで外せるタイプで良かった良かった。
ノートPCCPU交換 (17)

インテル Core 2 Duo プロセッサー T9550 2.66 GHz 1066MHz


オークションで落札した新しいCPUをはめ込むだけ。
新しいCPUといいつつも、Core 2 Duoの中でBランク程度のCPU。
今時のノートPCだったらC〜Dランク。
それでもCeleronよりはだいぶ性能UP。
ノートPCCPU交換 (18)

恐らく大丈夫だろうと思って購入したCPUでも、本当に認識できるのかこの段階でも心配でならない。
そして放熱グリスを平らにのばして塗っておく。
ノートPCCPU交換 (19)

新しいCPUをはめたら、マイナスドライバーでロック。
CPUクーラーを載せて、ネジで締めこむ。
ノートPCCPU交換 (20)

良いメカニカル加減。
ノートPCCPU交換 (21)


CPUを交換したら、裏蓋を仮り留めして起動


緊張する一瞬。
ノートPCCPU交換 (22)

Windowsのロゴが出てきた。
ノートPCCPU交換 (23)

ソロだったCPUが見事に2つ(Duo)になってる。
ノートPCCPU交換 (24)

マルチタスクだな。

新しいCPUにしたからか再起動を求められたので再起動。
無事に起動の確認できたので、シャットダウン。

このHDDをSSDに変えたくなってきたな。
ノートPCCPU交換 (25)

仮留めしていた裏蓋をきっちりと螺子で留めれば完了。
ノートPCCPU交換 (26)

コンピューターのプロパティから確認しても、インテル Core 2 Duo プロセッサー T9550 2.66 GHz 1066MHzとしっかり認識されてる。
CPU交換 (2)

Youtubeですらカクカクってた非力なマシンが、Youtubeを流しながら普通にブラウジングできる、普通のノートPCにパワーアップ。

快適だ。
快適すぎる。

普通だ。
普通すぎる。


まとめ


自分の古いノートPCに合うCPUが判断できるなら、交換した方が良い。

今回はなんの問題もなくスムーズに交換できたけど、放熱グリスの塗り方がアレで熱暴走したり、CPUのスペックが高すぎて発熱量が増えて冷却できなくなったりと、起動後にも問題が出てくる可能性があるので、メモリ増設>SSD化>CPU交換といった感じが良いかと。

最近のタブレットと比べてしまうと起動も遅くてまともにブラウジングもできないPCだと、単なるゴミと化してしまうので、多少のリスクはあったとしてもCPU交換をしたのは正解でした。


ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天