月に1回は送られてくるAmazonギフト券
期限もあるので、何となく気になったSoundPEATS(サウンドピーツ)のQ12をポチっとしてみましたよ。

SoundPEATS Q12が届いた


SoundpeatsQ12 (1)

箱が逆さまなのは気にしちゃいかん。
こういった生物が部屋に蠢いてるので、隙を見て写真を撮ったりしないといけないのですよ。

Amazonさんで購入しても3,000円以下。


色はレッドとブラックの2色展開


何にでも合わせられるブラックの方が良いんだろうけど、何にでも合わせるつもりはないのでレッドをポチってしまった。

箱から取り出すとこんな感じ。
マニュアルも付いてるけど、英語なのでスルー。
SoundpeatsQ12 (2)

「SoundPEATS Q12」でググれば、親切に色々と説明してくれるページがある。


SoundpeatsQ12のペアリング


電源がOFFの状態で8秒程度、電源ボタンを長押し。
「ペアリング何ちゃら〜」とガイダンスが流れて、赤と青にランプが点滅。
SoundpeatsQ12 (3)

後は、Android端末やらi-Phone端末からBluetooth機器を検索(今時な端末なら勝手に表示される)して、出てきたQ12を選択すればOK。
SoundpeatsQ12 (4)


確かにコスパは抜群


噂通りに、質感は良い。
装着してみてもフィット感も悪くないし、何よりBluetoothの接続が早い。

Bluetoothのバージョンが4.1だからなのかな。
最近は全く使われる事がなくなり眠っていた、一番左のLBT-HP04はBluetoothのバージョンが2.1。
Bluetoothイヤフォンに関しては、バージョンが2.1の時のままの印象が強くて食指がのびてなかったけど、Q12のように電源を入れたら即繋がるまでに進化してたのか。
SoundpeatsQ12 (5)

部屋を行ったりきたりして使う為のMDR-ZX750BNと比べると低音が足りないけど、Q12は通勤通学に使うには問題がないな。

歩いたり走ったり泳いだりな場合はNWD-W273の方が間違いなくフィット感も上だけど、コスパで考えるとQ12は噂通りなんだろうな。

同じ価格帯のBluetoothのバージョン4.1のイヤフォンを試してないから、噂は噂のままだけど。