年末にパンクしたセレナのタイヤ。

車やバイクに乗ってれば、パンクするなんて日常ではないけど茶飯事。



そんなパンクはいつも突然にやってくるので狼狽えてしまうので、タイヤ空気圧センサーを導入。
タイヤ空気圧センサー (1)


良くわからないTPMSといったブランド名の、空気圧センサー&モニターですよ。
タイムセールで3000円ちょい。
タイヤ空気圧センサー (2)

モニター部分はソーラー充電とUSB充電に対応していて、センサー部分は電池内蔵で、交換を前提につくられていない「最大2年間使えます」な使い捨てタイプ。
タイヤ空気圧センサー (3)

このセンサー部分がソーラー充電で延々と使えるといいのにな。
タイヤ空気圧センサー (4)

バルブキャップですよ。
タイヤ空気圧センサー (5)

セレナのタイヤ。
タイヤ空気圧センサー (6)

バルブキャップを外して
タイヤ空気圧センサー (9)

装着するだけ。
タイヤ空気圧センサー (10)

一番左のボタンを長押しで電源ON。
振動感知機能がついてるので、振動がないと勝手に電源がOFFになってくれる。
タイヤ空気圧センサー (7)



普段使いしてる7.4FXの空気圧は良くみてるけど、883やセレナの空気圧にかんしては無頓着。
正しいタイヤの空気圧をわかってないので、この数値が正しいかどうかが全くわからない。
タイヤ空気圧センサー (8)

自転車みたいにタイヤに書いてあるのかな。

・・・タイヤの空気圧点検と充填方法といったJAFのページによれば、運転席ドアの開口部に書いてあるのか。


最近は毎日に近いように乗ってる883は明らかに空気圧が下がってるので、883用にも同じようなものが欲しいな。





ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!