モデムやルーターを3階の自分の部屋に置いてるので、家電の親機が使われもしないのに部屋の片隅に置いてある。
本当は2階のリビングに置きたいのに、モデムやルーターを2階のリビングに置くのも邪魔なのでメインで使ってるのが自分なので3階に置いてるけど、やっぱり家電の親機は邪魔・・・。

そんな訳で探してると、親機が小さな無線機なシャープの商品があるではないか。


・・・あやうくポチっと押してしまうところだった。
家電なんて、年に1〜2回しか使わないってのに。


そんな訳で、部屋に転がってるこういった余ってるスマホを活用する事に。
AGEphone (1)

スマホdeひかり電話といったサービスを利用。
ひかり電話をスマホで受発信してしまおうってサービスですよ。

AGEphoneを、余ってるAndroid端末にインストール。
AGEphone (4)

Wi-Fi環境下なら、ほぼ自動で設定を完了してれる。


「ダイヤルできます」 といった表示になって、余ってたAndroid端末で自宅電話を受発信ができるようになった。
AGEphone (3)


リビングにも別なAndroid端末。
AGEphone (2)


もちろん、余ってるAndroid端末じゃなくてメインで使ってる端末にアプリを入れても問題なし。
※本当は、普段使ってるスマホで自宅電話も受けれるよってサービスなんだろうけど・・・


余ってるスマホと充電ドッグがあれば、余ってるスマホが自宅電話になる。
更に、スマホなのでYoutubeをみたり、音楽を流したり、適当なFecebookアカウントを作って、Facebook認証で新たにLINEを入れておけば、LINEも使える端末になるので、今までの使えない家電とは違って、使える家電になる。

部屋の片隅で場所をとってた家電の親機は処分だな。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
Yahoo!