ガレージ脇の散水栓に繋いだホースで水遊びをしたり、アウトドアポンプを使って、ベランダで水遊びをしてるけど、リビングの蛇口から水を汲んできたりする作業が密かに重労働。

ベランダに水道を設置したい


そう考えると方法がいくつかある。


[1]ベランダまで水道管を延長する
 A.地面を掘って、水道管をT型のエルボで分岐して、見た目も綺麗に水道管を這わす。
 B.ガレージ脇の散水栓から水道管を延長しまくって、2階まで這わす。

[2]ホースを1階から2階まで延長する
A.水漏れしたら嫌なので、都度ガレージ脇の散水栓を閉める。
B.ガレージ脇の散水栓を何かベランダからON・OFFできないか考える。

[3]プロ(業者)に頼む


[3]が一番いいんだろうけど、費用もそれなりにかかるので却下。[1]を行えば気軽にベランダで水道を使えるからいづれは[1]を行うとして、取りあえず[2]のAで1階の散水栓からホースを引っ張ってみたら、これが意外と水圧もあって、悪くない。
 
後は、 B.ガレージ脇の散水栓を何かベランダからON・OFFできないか考えるだけ。


電磁弁を取り寄せる


ガレージ脇の散水栓を何かベランダからON・OFFできないか調べてたら、電磁弁なんて存在が。
電磁弁で散水栓をオンオフ (1)

迷わずにポチっと。

600円でお釣りがくる、メイドイン中国。


壊れたりしたらアレなので、必要ないけど2つ取り寄せ。
届くまで暫くかかったけど、急いでる訳ではないので無問題。
電磁弁で散水栓をオンオフ (2)

中国製とはいっても、しっかりできてる電磁弁


電磁弁なるものをみるのは初めてだけど、意外としっかりした造り。
恐らく、水道管のエルボーに開け閉めする蓋(弁)らしきものが付いてて、12Vの電気を流すと弁が開く構造。
電磁弁で散水栓をオンオフ (3)

電磁弁は600円程度で、12Vの電気を流す必要があるので、適当な12V 2A AC/DCアダプタも購入。

送料込み480円

部屋に転がってるアダプタは12Vが意外となくて、監視カメラ用の5Vのアダプタとかだったので無駄出費をしたな。

もしかしたら、中古のゲームショップ辺りでWiiとかの電源を100円とかで買った方が安かったのかもな。
電磁弁で散水栓をオンオフ (4)

12V 2A AC/DCアダプタを加工


加工とはいっても、要らない部分を切ってしまうだけ。
電磁弁で散水栓をオンオフ (5)

えいっ。
電磁弁で散水栓をオンオフ (6)

配線をストリップ。
電磁弁で散水栓をオンオフ (7)

後は電磁弁に繋げるだけ。
電磁弁にプラスとかマイナスといった極性がないので、本当に適当に繋ぐだけ。
電磁弁で散水栓をオンオフ (8)

12Vの電気が流れれば良いだけなので、深く考える必要なし。
電磁弁で散水栓をオンオフ (9)

Geekbesのスマートプラグ(WIFIコンセント)で遠隔操作


部屋に転がってたGeekbesのスマートプラグ(WIFIコンセント)を今回は活用。
電磁弁で散水栓をオンオフ (10)

Wi-Fi環境下にあれば、電源のON・OFFを遠隔操作できる優れもの。

スマホがあれば、外出先からでもON・OFFができる。
そんなスマートプラグをACアダプタの先につけるだけ。
電磁弁で散水栓をオンオフ (11)

散水栓周り


気付いたらタカギの製品だらけな水回り周辺。
電磁弁で散水栓をオンオフ (12)

今回はフレキシブル管も導入。
※ホームセンターで600円程。

散水栓にフレキシブル管を繋いで、電磁弁。
電磁弁で散水栓をオンオフ (13)

延長コードは後で防雨用を取り付けるとして、とりあえずは単なる延長コードで試してみる。
電磁弁で散水栓をオンオフ (14)


smart lifeアプリで操作


Geekbesのスマートプラグの1つは利用中でON。
余ってた1つを「水道 散水栓」といった名前にしてみた。
※これは後でgooglホームミニやechodotに連携して音声操作も必要だから、「水道」だけにした方がいいのかも。
電磁弁で散水栓をオンオフ (18)

「水道 散水栓」がOFFの状態。
電磁弁で散水栓をオンオフ (15)


「水道 散水栓」がONの状態。
※散水栓を少ししか開いてないので、ちょろちょろとしかでてないけど、散水栓をきっちり開いてればOK。
電磁弁で散水栓をオンオフ (16)

また、「水道 散水栓」がOFFの状態。
電磁弁で散水栓をオンオフ (17)

しっかりとスマホで水道のONとOFFができるようになった。

後は電磁弁やホースの配置を決めるだけ


作業をしてたら雨が降って来たので、配置は後日だな。
AC/DCアダプタが電磁弁に近い(配線が短い)から、AC/DCアダプタの配線も少し長くしてアダプタはガレージ内に引き込みたいな。
電磁弁で散水栓をオンオフ (20)

ベランダに戻って、1階から這わせてあったホースで試してみると、スマホで散水栓(1階)の水道をON/OFFできるのが便利過ぎる。
電磁弁で散水栓をオンオフ (21)

「ホースだから、水道を出しっぱなしにしてると水漏れしたら嫌だな・・・」と思ってしまい、わざわざ1階までいって散水栓を閉めるといった作業をしなくても良くなった。

スマホでON・OFFできるのも、子供が悪戯に水道を使わなくて済むし。

後は、googlホームミニとechodotに登録して水道のON・OFFができるようにしておこう。
そうしよう。

[1]ベランダまで水道管を延長する
 A.地面を掘って、水道管をT型のエルボで分岐して、見た目も綺麗に水道管を這わす。
 B.ガレージ脇の散水栓から水道管を延長しまくって、2階まで這わす。


快適になってしまったので、これは暫く先だな。