去年は送る側だったのに、今年は送られる側のおわかれかい。
おわかれかい (1)
娘を保育園に送り続けた、何気ない日常を思い出しながら、子供達の歌や、子供達が次にどこに行くのかの発表を聞いたり。

生まれ月が早いからなのか、保育園の中でも一番よくできる友達。
おわかれかい (2)

最後だからと、友達と沢山写真を撮ったりしてお別れ・・・・



・・・したかと思いきや、再会。
近所だったり、帰る方向が一緒だったりするからな。
おわかれかい (3)

この子もちびっ子なやんちゃ坊主と思ってたら、いつの間にか女の子の事を大切にしてくれる、良い男の子に育った。


そんな保育園へ通う、青き踏む道すがら。
おわかれかい (4)

夜桜を眺めたりする日。