風邪なのか、謎の熱に魘されてた娘。

74639f1c.jpg



ママが午後から仕事に出かけてしまい、体調もよくなってきたみたいなので、近所を散歩。




4483228b.jpg



川に近づくと、急に昭和レトロな雰囲気の一角が現れる。

この場所の雰囲気、なんか良いんだよな。



173cba20.jpg



階段を上がりきると、抜けた空。

海が直ぐそこに近づいてるなんとも言えない色の川。

15e82cb0.jpg





「人の心が折れる時の音って知ってる?」



と、そんな事は知る由もない娘に問いかけてしまいそうになるけど、そんな事はお構いなしでテクテクと歩いてく娘。

9464094f.jpg





その音を聞いた事があるからこそ、その音が聞こえたような気がするなら、助けてあげるべきなんだろうな。





紫詰草を1つ摘んで、パパに渡してくれる娘。

8cf4b31e.jpg



二人でムラサキツメクサを持ちながらの散歩。

こんななんて事もない時間に幸せを感じてしまう。

099c3b4f.jpg



パパのそんなおセンチな気持ちなんて置いて、娘は新しく発見した公園へ。

c6f5e7d5.jpg



小さくて、気にも留めてなかった公園は、娘にとっては楽しい遊び場。

6ce0d4ac.jpg



大人の身長よりも高い滑り台にも、果敢に登って挑戦する娘。

79f902b8.jpg



成長するのって早いな。

1c0191fb.jpg





見て見ぬふりはダメだな。

全てがすべてに白黒なんて必要ないけど、人としてどうなのかと自分の中でひっかかった事には実直に従おう。



「パパー」



と、無邪気に呼んでくれる娘に背中を押されたような気がしたな。