Pasoulの魂120GBSSDにクローンコピーをEaseUS Todo Backupを使って完了させておいた、VGC-JS54FB。

VGC-JS54FBを取りあえず分解してみる。


裏側のゴムカバーが施されてる部分の、ゴムカバーを外せは螺子が出てくるはず。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (1)


見落としそうになるのが、台座の下側。
この2つはすぐにわかるけど、台座下側は全部で4本の螺子があるので、台座下側の台形ゴムカバーも外すのを忘れるべからず。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (2)

外せるだけ、ボルトは外していくべし。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (3)

iPhone4Sのバッテリー交換でもお世話になった、謎のピック状の工具。
こんなものがなければ、少し硬めのベース用のピックなんかを使えば良いんじゃないかと思う。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (4)

VGC-JS54FBの基板登場


据え置き一体型なので、やたらと重い。
部屋のなかで少しだけ持ち運ぶ前提でつくってるんだろうけど、兎に角重い。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (5)

裏蓋側はなんの変哲もない、軽い蓋。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (6)

一部、ヒートシンクを外すとこんな感じ。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (7)

CPUクーラーをごっそり外すと、CPUが現れる。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (8)

冷却ファンも埃だらけなので、埃をきれいにとっておくべし。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (9)

意味がないかもしれないけど、CPU交換。


古いノートPCのCPU交換 ピンクバイオなんかでも、CPU交換はしてるのでお手の物。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (10)

ピンで留めてあるので、ピンをずらして蓋を開ける。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (11)

左が装着されてたCPU。
右が安かったので、ポチっとしておいた交換用のCPU。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (12)

VGC-JS54FBに元々ついているCPUは

インテル Pentium プロセッサー E6300(拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー搭載)

といった代物。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (14)



同時期に発売した、VGC-JS54FBよりちょっとだけ良いモデルのVGC-JS74FB/Wに搭載されていたCPUが

インテル Core2 Duo プロセッサー E7400*3(拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー搭載)

なので、E7400なら何の問題もなく交換できるだろうと、Amazonさんの中古商品で送料込み650円で入手。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (13)

650円なら安いでしょ。
SSD化する際に、分解するならCPUも交換してしまえって寸法だったのですよ。

・・・でも、E6300→E7400だと体感的に何も変わらなそうな気もするけどな。

CPU交換の時はCPUグリスを忘れずに


CPUは熱をもってしまうので、うまく放熱する為にもグリスは必須。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (15)

CPU交換なんて、年に何回も行ったりするものでもないので1回使い切りタイプで充分。

今回は280円のグリス。


CPUを入れ替えたら、表面に満遍なくグリスを塗りつけるべし。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (16)

これを行わないと、CPUが熱でダメになってしまうから、意外と重要。


CPUグリスを塗ったうえに、パーツをどんどん戻していくだけ。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (17)


本当はメモリも交換した方がいいんだろうな。
DDR2の2GBが2つささってるので、4GBの2つとかに変えればいいんだろうけど、このタイプのメモリは古いから、意外と高い。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (18)

だれか、ノートタイプのこのメモリ持ってないのかな。

今回のメインのSSD化


SSD化をするメリットは、書き込みや読み込みのスピードUPなんだけど、何よりも起動時間を短縮する事。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (19)

HDDでは、起動するまでにどうしても時間がかかってしまう。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (20)

VGC-JS54FBも譲り受けた時点では、電源ボタンを押してきちんと起動するまで2分30秒〜3分程度かかってた。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (21)

不要なソフトを削除しまくって、HDDの状態で1分をきるまでに起動を速めたけど、これ以上はHDDでは無理。


事前にクローンコピーしたSSDを、HDDが納まっていた場所に格納。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (22)

本当ならしっかりとしたマウンタを使うべきなんだろうけど、メインで使うPCでもないので、クッション性のある両面テープで巧く貼りつけただけ。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (23)

あとは、外した裏蓋や螺子をしめていけば完了。

VGC-JS54FBの使い道


VGC-JS54FBはVAIO TV with nasneが、無料で追加インストールできるシリーズなはずなのに、Vaioアップデートに出てこない・・・

色々調べると、ウインドウズ10→ウインドウズ7に戻してからアップデートをすると追加インストールができるとかできないとか、確信にふれない情報しか残ってない・・・。

面倒なので、このアップデートプログラムをかけてみたら、なんの問題もなくVAIO TV with nasneがWindows10にインストールできた。
本当は、VAIO TV with nasneが入ってるマシンのアップデート用のプログラムなんだろうけど・・。

もしかしたら、このアップデートプログラムで他のVAIOもいけたりするのかな。
・・・今度試してみよう。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (25)

nasneに録り溜めた番組をPC TV PlusでBlu-rayへ書き出し。で書いていたように、VAIO以外のユーザーは1台3,000円でPC TV Plusを購入しないと、PCとnasneをシームレスに使えないってのに、VAIOユーザーってだけで、VAIO TV with nasneが使えるのは良いよね。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (26)

VAIO TV with nasneは古いVAIOユーザーの為のソフトウェアなような気もして、今後はPC TV Plusの方になっていくんだろうけど・・・

無事にVAIO TV with nasneが入ったので、Nasneに録り溜めてる、娘用のアンパンマンや、適当に録画してる番組が、タブレットやスマホだけじゃなく、こうしてVGC-JS54FBでも見れるようになった。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (27)

「パパの部屋で遊ぶ〜」とやってくる娘用に、VGC-JS54FBでアンパンマンを流しておいてあげれば、アンパンマンに集中してくれるので、PC作業が捗るようになった。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (28)

アンパンマンを流し出したら、パパの部屋にドーナッツを持ち込んで、ドーナッツを食べながらアンパンマンを見るようになってしまったので、床がドーナッツのカスだらけになってしまうといった不具合も同時に発生してしまってるけど。


・・・そして、今更思い出した、実はストックしてあったCore2 DUO E8600 3.3GHZ

VGC-JS54FBの量販店モデルではなく、VAIOオーナーメードモデルVGC-JS94FSだと、E7400より上のE8400 3 GHzやE8500 3.16 GHzまでカスタマイズできるので、
E8600 3.3GhzがもしかしたらVGC-JS54FBに使えたかもしれないな。
バイオVGC-JS54FB VAIO SONY (24)

どうなんだろうな。

しばらく使ってみてCPCが原因の不満がでたら試してみよう。
どちらかというと、メモリが不足の方が先に問題になりそうな気もするけど、娘用のアンパンマンマシンなだけだから、これ以上は必要ないのかもな。

そんな訳で、不要で捨てられそうになった一体型PCを、CPU交換とSSD化で、使えるようにしたって話。

ちなみに起動時間は20秒〜25秒程度まで縮んだので、SSD化は大きな効果があったな。

おわり。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天